咀嚼と健康 言葉の明瞭化


咀嚼することと、言葉の発音をはっきりさせることに密接な関係があることをご存知でしょうか。

噛むことで得られる言語(発音)の変化

言葉の明瞭化に咀嚼が関わっていることは、これから言葉を覚える幼児や、今後心身の機能が衰えてくる高齢者にとってとても重要な関係性です。「よく噛んで、味わって食べる」ことは幼児、高齢者だけでなく、全世代にとってとても大切ですが、幼児において「かまない」、「かめない」など摂食行動に問題のあるお子さんと問題のないお子さんとを比較すると、問題のあるお子さんが発音・言葉が不明瞭である割合が高いことが報告されています。話すことは“構音機能”というヒト特有の話し言葉の音声を産生する機能が関わっていて、上あご、下あご、舌、唇を動かすことで音声となりますが、これらを動かすには筋肉が必要となります。咀嚼することで顔面全域の筋肉が鍛えられ発達し、また口腔内も正常に発達します。
また、高齢者については言葉をはっきりと喋るためには、上あご、下あご、舌、唇の筋肉を適切に維持をすることが求められます。近年では「オーラルフレイル」という言葉も多用されるようになりましたが、“オーラルは口”、“フレイルは虚弱”という意味です。すなわちオーラルフレイルとは、加齢による衰えの一つで、食物を噛んだり飲み込んだりする機能が低下したり、滑舌が悪くなったりするなど、口腔機能の虚弱化を指します。

対処法

お子さんの場合は食事の時にどれくらいお子さんが咀嚼しているか、数えてみましょう。理想はひと口で30回です。また、食事中お子さんに「早く食べなさい」などと言わないようにしましょう。
高齢者の方も食事をする際、よく噛んで食べるように促しましょう。また、食べにくいからといって柔らかいものばかり食べていると、咀嚼機能が低下してしまうので、気をつけましょう。

まとめ

言葉をはっきりと喋るためにも食事をする時はよく噛んで味わって食べることを習慣づけましょう。

咀嚼と健康 脳の発達・活性化


昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、「かむ子も育つ」ことをご存知でしょうか。今回は咀嚼と脳の発達、活性化についてお話したいと思います。

噛むことで得られる脳への変化

食べ物を口に入れてよく噛むと、咀嚼筋が活発に動くことで脳への血流が良くなり、あらゆる部位の脳細胞が活性化されます。噛むことで活性化される脳の部位の一つが「海馬」です。「海馬」は“記憶の司令塔”と呼ばれていて、知覚・記憶・学習・思考・判断など認知機能全般を司る重要な部分です。近年の傾向として食べ物が柔らかくなり、子どもの咀嚼が減り、顎の骨と咀嚼筋の発達が遅れることで、学習能力に悪い影響を与えているというケースもあります。また、高齢者が歯を失い、咀嚼数が減ると、認知症のリスクが高まるという報告もあります。
マウスに離乳期から成長期にかけて粉末のエサを与え、顎の骨と咀嚼筋の発達が不十分なグループと固形のエサを与え、顎の骨と咀嚼筋がよく発達したグループを作り、記憶と学習能力のテストを行ったところ、固形食マウスの方がよい成績になりました。テスト終了後、両マウスの海馬の神経組織を分析したところ、固形食マウスの方が海馬がよく発達していたことがわかりました。
また、しっかりと噛むことでコミュニケーション、感情の抑制、記憶のコントロール、意思決定などの働きを担う前頭前野も活性化されます。高齢者にとってはこの前頭前野の活性化が認知力の向上につながると言われています。

対処法

近年では柔らかな食べ物が多く出回っていますが、お子さんには咀嚼が必要な食べ物を積極的に与えましょう。また、高齢になっても噛むことができるように、小さな頃から健康な口内環境を維持することも大切です。残念なことに加齢によって義歯になった場合も、咀嚼をしっかりすることで認知症予防を期待することができます。

まとめ

脳の発達、活性化を促すために、咀嚼を多くするように促しましょう。

キシリトールを虫歯予防に役立てましょう

虫歯予防にいいとされるキシリトール。キシリトールにはどのような効果があり、どのような製品があるのでしょうか。

虫歯予防に効果が期待できるキシリトールの特徴とは

キシリトールは天然の糖アルコールで砂糖と同じくらいの甘みがあります。
虫歯は口の中のミュータンス菌が作る酸によって歯のカルシウムを溶かし、穴をあける病気ですが、キシリトールは酸が全くできません。また、キシリトールは甘みが強いので、唾液の分泌を促進します。唾液が多いと口の中の酸を中和することができるので、虫歯の抑制に効果が期待できます。
また、キシリトールのガムやタブレットを口の中に入れることで、歯垢がつきにくくなり、歯の再石灰を促進して歯を固くします。その上、キシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を弱める作用があります。このようにキシリトールは口の中を虫歯ができにくい状態にするのを助けてくれます。

キシリトール製品について

キシリトールは多くの果実や野菜に含まれ、人体でも作られますが、市販されているキシリトール製品のキシリトールは、白樺や樫の木から抽出されるキシランヘミセルロースを原料にして、工業的に作られたものです。
キシリトールの虫歯予防効果が期待できるのは、ガムとタプレットです。ガムもタブレットも長い時間口の中に入れているものだからです。
いずれも高濃度でキシリトールが配合されているものを選ぶようにしましょう。(50%以上)また、砂糖などの甘味料が入っていないものを選ぶのもポイントです。パッケージにシュガーレスと表記されていれば間違いありません。
キシリトールガムは食後30分以内に噛みます。ガムを噛むことで唾液の分泌も促進されます。タブレットも食後30分以内に口に入れましょう。タブレットは噛まずに最後まで舐めるようにしましょう。

<まとめ>

キシリトール製品を上手に生活に取り入れて、虫歯予防に役立てましょう。

初期虫歯を修復する「歯の再石灰化」

虫歯予防に大きく役立つ「歯の再石灰化」のメカニズムや促進方法をご紹介します。

初期虫歯と再石灰化の関係

虫歯は口の中のミュータンス菌が作る酸によって歯のカルシウムを溶かし、穴をあける病気ですが、いきなり歯に穴が開くわけではありません。歯に穴が開く少し手前を「初期虫歯」と呼び、口の中が酸性になり、歯が溶ける「脱灰」という現象が起こります。この段階であれば“再石灰化”によって虫歯を治すことができます。
再石灰化とは、脱灰で溶かされた歯の表面を、唾液に含まれているリンやカルシウムがエナメル質の結晶を新しく形成し、歯の表面に戻してくれる現象です。私たちの口の中では、脱灰と再石灰化が繰り返し行われていて、酸性の時間が長いと再石灰化が間に合わず、歯に穴が開く虫歯に進行していきます。

再石灰化を促すために気をつけること

再石灰化がきちんと行われていれば、虫歯が進行することもありません。それでは、再石灰化に大切なことは何でしょうか。次に再石灰化を促すためのポイントをいくつかご紹介します。

  • 歯ごたえのある物を食べる
    食べ物を噛むことで唾液の分泌が促進されるので、歯ごたえのある物を食べると、再石灰化にも有効です。
  • 食後にキシリトールガムを噛む
    食後にキシリトールガムやシュガーレスガムを噛むと唾液の分泌を促進します。
  • フッ素を利用する
    フッ素はエナメル質を強くし、細菌の活動を抑え、再石灰化を促進させる働きがあります。フッ素が入った歯磨き粉やうがい薬を使って、虫歯予防に役立てましょう。
  • ダラダラ食べや間食を控える
    食後の口の中は酸性で、30分ほどは脱灰が盛んに行われています。ダラダラ食べていると脱灰が長時間続くことになり、頻繁に間食をしても脱灰が起こりやすくなるので、ダラダラ食べや間食を控えましょう。

<まとめ>

歯の再石灰化が上手く行われていれば、深刻な虫歯になることもありません。再石灰化を意識して、虫歯予防を行いましょう。


●当サイト内ページリンク

歯によい食べ物で虫歯予防

歯の健康によい食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。歯によい食べ物を知っておくと、虫歯予防にも役立ちます。

歯の健康によい食べ物

歯によい食べ物は、歯によい栄養素を含む食べ物と考えてよいでしょう。歯の原料となるカルシウム、エナメル質を強化するビタミンA、象牙質のつくるビタミンCを含む食べ物は歯を強くする食べ物です。特に永久歯が生えそろう時期までの成長期のお子さんには、意識的にカルシウムを含む食品を食べさせるとよいでしょう。

<歯の原料となるカルシウムを含む食べ物>
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、干しひじき、ごま、小松菜など
<エナメル質をつくるビタミンAを含む食べ物>
かぼちゃ、人参、レバー、卵、うなぎなど
<象牙質をつくるビタミンCを含む食べ物>
レモン、みかんなどの果物、ピーマン、パセリなど

また、歯の清掃をしてくれる“清掃性食品”もおすすめです。間接清掃食品は唾液が出やすい食品です。唾液は食べ物の停滞と酸性化を防いでくれるので、虫歯予防に役立ちます。直接清掃食品は繊維の多い食品で、噛むことで歯や粘膜の表面が清掃され、顎の発達も促します。

<唾液が出やすい間接清掃食品>
梅干し、酢の物など
<繊維が多い直接清掃食品>
ゴボウ、人参、レタス、セロリなど

虫歯になりにくいおすすめのおやつ

おやつの時間を楽しみにしているお子さんも多いと思います。「おやつは歯に悪いからダメ」と、楽しみを奪ってしまうのではなく、歯の健康を考えた虫歯になりにくいおやつを選ぶとよいでしょう。

<砂糖をあまり使っていないお菓子>
あられ、おせんべい、クラッカーなど
<歯にくっつかないもの>
ヨーグルト、プリン、ゼリーなど
<すぐに食べ終わることができるもの>
果物、チーズ、ナッツ類など

また、おやつは時間を決めて、食べた後は歯磨きをするのが理想です。もしも歯磨きがむずかしければできない場合は、水やお茶を飲むだけでも虫歯予防につながります。

まとめ

今回は歯によい食べ物とおやつをご紹介しました。毎日の食生活に取り入れて、歯の健康を維持しましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク