当クリニックの取り組み-1 笑気吸入鎮静法その2

当クリニックでは、患者さんに歯科治療に対するストレスや恐怖心を緩和してもらうために「笑気吸入鎮静法」を導入しています。今回は「笑気吸入鎮静法」の簡単な流れと利用するメリット、副作用などについて紹介します。

「笑気吸入鎮静法」の流れ

  • 1 患者さんが楽な姿勢、およそ30度ほど身体を起こした状態にします。
  • 2 鼻マスクを装着します。
  • 3 まず15~20%の笑気を吸入します。
  • 4 患者さんの状態をみながら5%ずつ笑気の濃度を上げていきます。
  • 5 リラックスした状態になったら治療を開始します。
  • 6 治療が終了する少し前に笑気の吸入を終了します。
  • 7 治療が終わったらそのまま帰宅することが可能です。

なぜ「笑気吸入鎮静法」が用意されているのか

笑気には鎮静作用と鎮痛作用の両方があります。ですから、笑気を治療に取り入れることで患者さんの歯科治療に対する恐怖心や緊張感を和らげ、心身ともにリラックスさせることができます。また、同時に痛みを感じにくくすることができます。
また、治療の際に気分が悪くなったり、血圧が上昇したりするのはほとんどの場合、治療に対する不安や恐怖心が原因です。笑気吸入鎮静法を取り入れることで、不安や恐怖心を和らげ、血圧の上昇などを防ぐことで治療の安全性を高めることができます。

「笑気吸入鎮静法」の副作用は?

笑気は亜酸化窒素(N2O)のことで吸入麻酔の一つになります。吸入するとすぐに効果が表れ、吸入をやめるとすぐに排泄されます。ほとんどの薬剤は肝臓で分解され、その分解された物質の薬理作用も注意が必要ですが、笑気は体内で分解されることなく、そのまま排出されるので肝臓に負担をかけず、分解された物質について心配する必要もありません。
また、呼吸器や循環器にも負担をかけないので、安全に使用することができます。

<まとめ>

今回紹介した「笑気吸入鎮静法」の流れ、メリットなどを理解いただき、リラックスした状態で歯科治療を受けていただきたいと考えています。

当クリニックの取り組み-1 笑気吸入鎮静法その1

笑気吸入鎮静器

「歯の治療は好きじゃない」そんなふうに思う人も多くいることでしょう。過去に嫌な思いをして、それがトラウマになっているそんな人もいるかもしれません。歯科治療はストレスを抱えがちですが、できる限りストレスや不安を取り除き、治療に臨んでもらいたいと考えています。そこで当クリニックで導入しているのが「笑気吸入鎮静法」です。一人でも多くの患者さんに安心して治療を受けていただきたいと考えています。

「笑気吸入鎮静法」とは

笑気吸入鎮静法の笑気とは亜酸化窒素のことで、笑気(亜酸化窒素)を30%以下の濃度で70%以上の酸素と混合させて、鼻マスクから吸入してもらう鎮静法です。笑気(亜酸化窒素)には鎮静作用と鎮痛作用があり、歯科治療に対するストレスや恐怖を緩和する働きがあります。

「笑気吸入鎮静法」の効果

笑気吸入鎮静法を行うと鎮静作用と鎮痛作用によって、患者さんをリラックスした状態に導くことができ、治療に対する不安を和らげ、痛みを感じにくくなります。また、治療だけでなく、その前段階の局所麻酔を打つ時に「痛い」と感じる患者さんもいますが、「笑気吸入鎮静法」を行うとそのジレンマを少し解消できます。

他の鎮静法との違い

鎮静法は他に静脈内鎮静法があります。静脈内鎮静法はリラックス作用、痛みを和らげる作用のある薬を血管に注射して投与し、不安感や痛みを軽減するものです。笑気吸入鎮静法と比較すると効果が高く、確実ですが、鎮静状態からの回復に時間がかかりますし、注射を打たなければいけません。笑気吸入鎮静法は鎮静作用と鎮痛作用も軽度ですが、その分鎮静状態からの回復が早いのが特徴です。また、呼吸器、循環器、その他の臓器に悪影響を及ぼすこともなく、筋弛緩作用がないため安全です。

今回は「笑気吸入鎮静法」の基本的な説明をさせていただきました。当院では、歯科治療に対するストレスや不安、痛みから患者さんを守りたい、そう願っています。

1回の撮影でCT画像とパノラマ画像を撮影可能な X線CT診断装置を導入

歯科用CTレントゲン「PaX-I 3D smart」

当院では治療の際、患者さんの負担を少しでも軽減したいと考えています。
そこで、1回の撮影でCT(3D)画像とパノラマ画像の両方が撮影できる歯科用CTレントゲン「PaX-I 3D smart」を導入しました。

診断の精度がより高まります

「PaX-I 3D smart」は出荷台数世界2位の実績を持つレントゲン業界のパイオニアVATECH社の次世代機種です。
今までCT画像とパノラマ画像の両方が必要な症例の場合、患者さんに2回の撮影をお願いしていましたが、「PaX-I 3D smart」は撮影を1回で終わらせることができます。
「PaX-I 3D smart」は性能も高く、革新的なFOV(視野角: FIELD OF VIEW)も特徴で歯列に沿った撮影で親知らず(8番) もきちんと写すことができます。親知らずが横たわっている場合も映像が欠けてしまうことはありません。
画像を見て診断する時、CT(3D)画像とパノラマ画像の両方を並べて画面表示できるので、比較をしながら診断することができます。また、CT(3D)画像で気になる箇所がある時、画面上でワンクリックするだけで、その箇所のパノラマ画像に飛ぶことができ、詳細の診断に非常に便利です。

患者さんによりわかりやすく説明することができます

CT撮影した画像から立体的なパノラマ画像を表示することも可能なので、患者さんに簡単に患部の説明をすることができます。今まで患者さんはパノラマ画像で説明を受けているケースが多いので、状況を理解しやすくなっています。
また、「PaX-I 3D smart」は、治療計画も説明動画を使ってわかりやすく患者さんに説明することができます。これにより、患者さんの治療に対する不安を取り除くこともでき、今後の治療方針もよりわかりやすくなります。
さらに、「PaX-I 3D smart」にはインプラントシュミレーション機能が搭載されています。豊富なインプラントデータから、患者さんに最適なシュレーションを行うことができるので、インプラントをご検討の方は、実際に映像でシュミレーションを見ることができ、インプラントについてより深く理解してもらえるようになっています。