歯磨剤について – 練り歯磨きと液体歯磨き

練り歯磨きと液体歯磨きにはそれぞれメリットとデメリットがあるので把握しておくとよいでしょう。

練り歯磨きのメリット・デメリット

一般行に多く使われている練り歯磨き。薬用の練り歯磨きには虫歯や歯肉炎を予防する成分が含まれるほか、多くの商品に研磨剤が含まれているのが特徴です。この研磨剤にはステインを落とす効果があります。ステインとは、コーヒーや紅茶などで歯が茶色になる着色汚れのことです。白いきれいな歯になりたいという人には嬉しい成分ですがその反面、歯のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質が傷つくと、知覚過敏になりやすくなったり、その傷に汚れが付着しやすくなるというデメリットもあります。

液体歯磨きのメリット・デメリット

口に適量を含み、口の中全体に浸透させて吐き出した後にブラッシングを行う液体歯磨き。液体歯磨きは研磨剤を含みません。ですから、歯のエナメル質を傷つけずにすむのがメリットのひとつです。また、発泡剤も含まれていないので、長い時間じっくりとブラッシングを丁寧に行うこともできます。さらに液体歯磨きはブラッシングの後、口をゆすぐ必要がないので、基本的に水がいらないこともメリットです。
反対に液体歯磨きのデメリットは、研磨剤が入っていないので、ステイン汚れは落とせないことです。また、練り歯磨きほど種類も多くなく、値段も高くなります。

練り歯磨きと液体歯磨きを賢く使い分ける

「エナメル質を傷つけたくないけれど、ステイン汚れも落としたい」という人には、練り歯磨きを週に2日ほどにし、液体歯磨きと併用するのもよいでしょう。また、仕事や外出中は液体歯磨きでケアするのもひとつの手段です。
また、高齢者の方、特に体が不自由な方には、口をすすぐ必要がない液体歯磨きが便利です。ブラッシングが長時間できなくても、液体歯磨きの有効成分が口の中に残るので虫歯予防に効果があります。

<まとめ>

練り歯磨きと液体歯磨きを賢く使い分けて、健康な歯を保ちましょう。

歯磨剤について – 液体歯磨きと洗口液

一般的にマウスウォッシュ、デンタルウォッシュとも呼ばれる液体のオーラルケア商品には、液体歯磨きと洗口液の2種類あることをご存知ですか?2つとも目的は口の中を清潔にするものですが、使い方が全く異なります。今回は液体歯磨きと洗口液の特徴と違い、どのように使いわけたらよいかを説明します。

液体歯磨きの特徴と効果

液体歯磨きとは、ポピュラーな練り歯磨き粉が液体になっているものです。ただ、液体歯磨きには練り歯磨き粉に配合されている清掃材(研磨剤)が入っていないので、歯の表面を傷つけずにすみます。使い方は歯磨きの前にまず液体歯磨きで口の中をすすぎ、その後に歯ブラシでブラッシングをします。

洗口液の特徴と効果

洗口液は口の中を浄化したり、口臭予防をしてくれますが、こちらはあくまでも毎日の歯磨きに加えて+αで行うものです。使い方は洗口液で口をすすぐのみ。液体歯磨きののようにその後ブラッシングする必要もありませんし、水で口をすすぐ必要もありません。洗口液で口をすすぐことで歯垢や口臭の原因となる食べカスや汚れなどを取り除きます。

どのように使いわけたらいいか

液体歯磨きと洗口液は同じような形態でメーカーによってはブランド名も一緒のものもあるので、一見わかりずらいかもしれませんが、液体歯磨きと洗口液の表示はされているので、用途に合わせて使い分けるようにまししょう。
液体歯磨きは先ほども説明したように、あくまでも歯磨剤ですので、歯磨きをする時に使います。
一方、洗口液は歯磨きの後の仕上げとして行ってもいいですし、就寝前に行うなどしてもよいでしょう。外出していて歯磨きができない状況もあると思いますが、そのような時洗口液で口をすすぐとさっぱりしますし、手軽に口の中を清潔にすることができます。

<まとめ>

液体歯磨きは歯磨剤の一つなので、歯磨きをする時に、洗口液は+αのケアとして利用します。正しい使い方をして、歯の健康に役立てるようにしましょう。

歯磨剤について – 効能に合わせた歯磨剤を選ぶ

歯磨剤には大きく分けて3種類あり、化粧品、薬用(医薬部外品)と、医薬品としての歯磨剤があります。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

化粧品としての歯磨剤の特徴と効果

薬用成分が含まれない歯磨剤が化粧品扱いにされる歯磨剤になります。虫歯予防成分、殺菌成分などの薬用成分は含まず、「研磨剤」、「発泡剤」、「香味剤」など基本成分だけでできています。

薬用(医薬部外品)としての歯磨剤の特徴と効果

基本成分に薬用成分が加えられた歯磨剤が薬用(医薬部外品)の歯磨剤です。下記のような薬用成分が配合されています。

  • 虫歯予防…フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウムなど
    フッ素と呼ばれる成分で歯の再石灰化を促し、虫歯を抑制してくれます。
  • 歯肉炎・歯周病予防…イプシロン-アミノカプロン、イソプロピルメチルフェノールなど
    イプシロン-アミノカプロンなどの抗炎症成分を配合することで歯茎の腫れを抑え、イソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分が歯周病の原因菌を殺菌してくれます。
  • タバコのヤニ除去…ポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなど
    ポリリン酸ナトリウムは、タバコのヤニを浮かせて取り除く働き、ポリエチレングリコールは、タバコのヤニを溶解して取り除く働きが期待できます。

病院で処方される薬や薬局で販売されている薬を医薬品と呼びますが、医薬部外品はドラックストアなどでも売られています。医薬品に準じ医薬品と比べると効果は高くはありませんが、薬用成分が配合され、予防や緩和のために役立ちます。

医薬品としての歯磨剤の特徴と効果

先ほど、病院で処方される薬や薬局で販売されている薬を医薬品と説明しましたが、「第3類医薬品」と呼ばれるものもあり、こちらはドラックストアでも購入できます。歯磨剤でも医薬品に認定されているものがあります。

<まとめ>

スーパーやドラックストアで市販されている歯磨剤の9割が薬用(医薬部外品)の歯磨剤です。それぞれ効能が違うので、自分が求める効能の歯磨剤を選びましょう。

歯磨剤について – 歯磨剤の基本成分

皆さん歯磨きをする時にはいわゆる「歯磨き粉」を使うと思いますが、それらを歯磨剤(しまざい)といいます。ドラッグストアなどに行くと、バラエティ豊か、本当に数多くの歯磨剤が並んでいます。その豊富さから、どれを買えばよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は数回に分けて歯磨剤についてお話したいと思います。

歯磨剤の種類

現在一般的に使用されているのは、「練り歯磨き」と呼ばれるチューブに入ったペースト状のものです。ではどうして、「歯磨き粉」と呼ぶのかというと、昔は粉状の歯磨き剤が主流だったためです。「歯磨き粉」が初めて日本で販売されたのは1625年。当時の歯磨き粉は豚砂という目の細かな研磨砂に丁子や龍脳などの各種漢方薬を配合したものでした。

歯磨剤の効果

  • 効率よくプラーク(歯垢)を除去する
    歯磨剤をつけて歯磨きをすることで、効率よくプラークを除去することができます。
  • プラークがつくのを予防する
    プラークの付着量を減らすことができます。
  • 歯の白さをキーブする
    色素沈着を防ぎ、歯本来の白さをキープする手助けをします。
  • 口臭予防
    歯磨剤を使用して口の中全体を綺麗にすることで、効果的に口臭の予防をすることができます。

歯磨剤の基本成分

  • 研磨剤(非晶質無水ケイ酸)
    歯の表面の汚れを落とします。
  • 湿潤剤(ソルビット液、PG)
    適度な湿り気を与えます。
  • 発泡剤(ラリウル硫酸Na)
    泡を発生させることで、口内に歯磨剤を効率よく拡散させます。
  • 香味剤(香料)
    色々な香りをつけて、歯磨き後、口の中を爽やかにします。また、子供が歯磨きをしやすいように、フルーツ風味などの香料を使うこともあります。
  • 粘結剤(キサンタンガム)
    歯磨き剤に適度な粘性をあたえ、各成分の分離を防ぎます。

まとめ

歯磨剤を使うことで、より効率よく口内を清掃できたり、口臭を予防できたり、歯の白さを保つことができます。自分に合った歯磨剤を選んで、よりよい口内環境を保つことができるようになるとよいですね。