電動・音波・超音波歯ブラシの違いについて

電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシの違いについてわかりやすく説明したいと思います。

電動歯ブラシ

ブラシが電動で動くもので、自分でブラッシングする必要がありません。ブラシには四角のヘッドと丸いヘッドがあり、四角のブラシは左右往復、丸いヘッドは回転運動をします。機種により異なりますが、2000~7000/分の速さでブラシが動きます。四角のブラシの往復運動は歯の汚れを浮かすとともに、歯と歯茎の間の歯周ポケットのケアに適しています。一方、丸いブラシの回転運動は歯垢の除去に適しています。ですので、歯茎や歯周ポットの手入れを重点的にしたい人は丸いブラシを、歯茎や歯周ポケットのケアをしたい人には、四角のブラシの電動歯ブラシを選ぶとよいでしょう。

音波歯ブラシ

電磁石の磁極を反転させることで、一般的なモーターよりも高速にブラシを振動させるものが音波歯ブラシです。3万~5万/分の速さで動きます。毛先が汚れを除去するだけでなく、音波振動によってできる水流や細かい泡も歯の汚れを取り去ります。電動歯ブラシと同じく、自分でブラッシングする必要はありません。なぜ音波歯ブラシと呼ぶかと言うと、振動周波数が音波と同じくらいだからです。

超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシは音波歯ブラシよりもさらに高い周波数で振動するタイプです。100万~150万/分の速さでブラシが動きます。超音波歯ブラシは除去が難しい粘着性が高い歯垢も破壊することができるとされています。ブラシの振動が細かすぎるので、自分でブラッシングをしなければいけません。電動ブラシ、音波ブラシよりも歯垢除去能力が強いようです。

<まとめ>

電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシは一概にどれがいいとは言えません。その人の歯並びや歯の状態などが関係してくるので、迷った場合は歯科医に相談するとよいでしょう。また、どれも定期的にブラシ交換をする必要性がありますので、本体の値段だけでなく、替えブラシの値段も考慮するとよいでしょう。

正しい歯ブラシ選び~高齢者編~

加齢とともに体は様々な変化をしていきますが、口の中も例外ではありません。虫歯や歯周病が多くなる、治療後や入れ歯が多くなるなど、加齢によって様々な変化が起こります。また、高齢者は握力が低下するなど、体の機能面の変化もあるので、高齢者に合った歯ブラシ選びが必要です。

シニアが自身で使う歯ブラシの選び方

まず高齢者ご自身が使う歯ブラシ選びのポイントを紹介します。

  1. 毛の硬さは「ソフト」
    高齢者はエナメル質の減少によって歯が傷つきやすくなっています。毛の硬さはなるべく柔らかなソフトタイプを選びましょう。
  2. ヘッドは「コンパクト」
    高齢者は開口が小さくなる傾向があるので、口の中に入りやすいコンパクトサイズのヘッドを選びます。
  3. ハンドルは「ストレート」
    ストレートなハンドルの方が持ちやすく、磨きたい箇所にダイレクトに毛先が届きます。また、握力が落ちている場合は太めのハンドルを選ぶようにします。

歯の間、ブリッジを入れている人は歯間ブラシ、糸ようじ、フロスなどで清掃します。

●入れ歯の洗浄について

入れ歯を使用している人は入れ歯を清掃して、口腔内を清潔にしましょう。入れ歯は凹凸があり、汚れやぬめりが残りやすいので、普通の歯ブラシではなく、義歯専用ブラシを使用します。また通常の歯磨き粉には研磨剤が入っているため、入れ歯に傷がつき、そこから細菌が繁殖する可能性もあるので、歯磨き粉も義歯用洗浄剤を使用して清掃を行いましょう。

介護用歯ブラシの選び方

要介護者は唾液の分泌が低下している人も多く、口腔内の細菌を排除されにくい状況にあります。また、手先を若い人のように細かく動かすことができないと、普通の歯ブラシでは磨きにくいので、360度前面にブラシがついている「360度ブラシ」や比較的簡単に汚れを落とすことができる「スポンジブラシ」などがあります。

<まとめ>

歯や口腔環境を健やかに保つことは、歯だけでなく、心身の健康にも深く関わっています。高齢になっても元気で過ごせるように、正しい歯ブラシ選びをして口腔ケアをしましょう。


●当サイト内ページリンク

正しい歯ブラシ選び~大人編~

正しい歯ブラシ選び~大人編~

多種多様な歯ブラシの中から、自分に合った歯ブラシを選ぶポイントを紹介します。

ヘッドのサイズとハンドルの選び方

まず歯ブラシのヘッドサイズを選び方です。一般的に上前歯2本分のヘッドの大きさが目安となりますが、さらにみがき方に合わせてサイズを調整するのが好ましいです。「奥歯をしっかりとみがきたい人」、「1本ずつ丁寧にみがきたい人」は小さめのヘッドの歯ブラシを選びます。いわゆる、“コンパクトヘッド”、“超コンパクトヘッド”と表記されているものです。「細かくみがかなくてもよい人」は“ふつうサイズ”のヘッドを選ぶとよいでしょう。
次にハンドル(柄)の形の選び方です。高齢者など手に力が入らない、しっかりと握れないという人は、握りやすい太めのハンドルが適しています。反対に手に力が入りすぎて、強くみがいてしまう人は、真っすぐで細めのハンドルが合っています。

自分に合った「硬さ」の選び方

歯ブラシを選ぶ時、重要なポイントとなる「硬さ」。大きく「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」の3タイプに分けられます。

「かため」の特徴
歯垢が落としやすい反面、歯茎を傷つけてしまうこともあります。歯茎に当たると痛いので、歯茎付近を避け、歯と歯茎の境目にみがき残しが生じる場合もあります。かための歯ブラシを使用する場合は、歯茎付近をみがく時にやわらかい歯ブラシに替えてみがくとよいでしょう。
「ふつう」の特徴
歯と歯茎が健康な人、歯茎が下がっていない人は「ふつう」でも大丈夫ですが、歯茎が腫れている場合などは、避けた方がよいでしょう。
「やわらかめ」の特徴
歯茎に当たっても痛くないので、歯茎と歯の境目を磨くのに適しています。虫歯予防はもちろんのこと、歯肉炎や歯周病予防にも効果があります。歯茎に腫れや痛みがある場合はよりソフトなものを選ぶとよいでしょう。時間をかけて歯をみがく人も、やわらかめがおすすめです。

まとめ

正しい歯ブラシ選びをして、効果的に歯みがきをし、虫歯予防をしましょう。


●当サイト内ページリンク

正しい歯ブラシ選び~子供の歯みがき編~

歯ブラシ

子供の歯みがきには、「子供用」と「仕上げみがき用」の2本の歯ブラシを必ず用意します。

子供が自分で持つ「子供用歯ブラシ」の選び方

赤ちゃんが生後6か月を過ぎて歯が生え始めたら、離乳食がスタートしますが、これに合わせて歯みがきもスタートします。まずは、歯をみがくことよりも赤ちゃんが慣れることが大切です。歯ブラシを嫌がるようであれば、ガーゼなどで歯を拭くようにしてもよいでしょう。子供が自分で持てるようになったら、次のポイントを押さえて、使いやすい歯ブラシを用意してあげましょう。

  • ヘッドが小さい
  • 赤ちゃんの口の中は狭いので、動かしやすいようにヘッドが小さめの歯ブラシを選びます。
  • 毛が柔らかい
  • 毛が固いと歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので、必ず柔らかい毛のものを選びます。
  • 握りやすい
  • 赤ちゃんが歯みがきの習慣を身につけるためにも、握りやすさは重要です。

「歯ブラシで喉を突いてしまうか心配」という人にはリングタイプの歯ブラシもおすすめです。赤ちゃんが握りやすく、喉まで届かない設計になっています。また、2歳頃は自分みがきを始めるのに適した時期です。安全性を考慮して、持ち手が短いものを選びます。好きな色やキャラクターの歯ブラシを選んであげて、歯みがきタイムを楽しく演出しましょう。

大人が持つ「仕上げ磨き用歯ブラシ」の選び方

小さい子供の歯みがきは、大人の仕上げみがきがメインです。仕上げみがきの歯ブラシの選び方は次のポイントを押さえます。

  • ヘッドが小さい
  • 毛が柔らかい
  • 持ち手が長く大人が持ちやすい

ヘッドが小さければ、大人用でもよいと思うからもしれませんが、子供の口の中は傷つきやすいので、毛は柔らかい材質のものを使いましょう。また、奥まで毛先が届くように持ち手が長いものを選びます。小学生になると仕上げみがきをやめてしまう人が多いようですが、永久歯が生えそろうまで続けるのが理想的です。

まとめ

子供時代に虫歯を作らないためにも、ポイントを押さえた歯ブラシ選びをしましょう。また、1ヶ月に1度は交換するようにしましょう。


●当サイト内ページリンク