咀嚼と健康 味覚の発達


咀嚼は歯や体全体の健康に密接な関わりを持つだけでなく、味覚の発達にも大きく関係しています。

噛むことで得られる味覚の発達への効果

栄養のある食べ物を美味しく食べることは、体の健康にとても大切なことです。味を感じる感覚のことを「味覚」と言いますが、味覚を発達させることによって、味覚の幅を広げ、より多くのものを美味しいと感じるようにしたいものです。
味覚の基本味には「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦み」、「うま味」があり、味覚は舌の舌乳頭にある味蕾(みらい)という感覚器官で感じ取ります。味は食べ物の溶け出した化学成分が味蕾に伝わり、感じますが、その食べ物を溶かす時に必要になるのが唾液です。以前にも咀嚼することで唾液の分泌量が増えることはお話していますが、これは消化・吸収だけでなく、味を感じるためにもとても重要なことです。また、味覚を発達させるためには、味だけでなく咀嚼をすることで食べ物の硬さや食感、形状、噛むときの音などを認識し、五感をフル活用して味わうことが大切です。

よく噛んで食べるための工夫

味覚の発達のピークは生後3か月から10歳頃とされています。この時期に味覚を発達させることでお子さんの充実した食生活に繋がります。

  • ゆっくりと食べる
    現代のお子さんは習い事など忙しいとは思いますが、急がないでしっかりと咀嚼をして味わって食事をするようにしましょう。
  • 口の中の食べ物を飲み物で流しこまない
    食べ物は細かくなるまでしっかりと噛んで、自然に飲み込むようにしましょう。
  • 旬の食材を薄味で料理する
    塩分が多い食べ物を食べる機会が多いと、味覚の感覚が鈍くなってしまうので、なるべく薄味にしましょう。旬の食材は甘味や苦みなど複合的な味を持っているので、よく噛んで食べて美味しく味わいましょう。

まとめ

10歳で味覚の発達が止まってしまうわけではないので、10歳以上のお子さんも様々な食材をしっかりと咀嚼して食べるようにしましょう。