咀嚼と健康 言葉の明瞭化


咀嚼することと、言葉の発音をはっきりさせることに密接な関係があることをご存知でしょうか。

噛むことで得られる言語(発音)の変化

言葉の明瞭化に咀嚼が関わっていることは、これから言葉を覚える幼児や、今後心身の機能が衰えてくる高齢者にとってとても重要な関係性です。「よく噛んで、味わって食べる」ことは幼児、高齢者だけでなく、全世代にとってとても大切ですが、幼児において「かまない」、「かめない」など摂食行動に問題のあるお子さんと問題のないお子さんとを比較すると、問題のあるお子さんが発音・言葉が不明瞭である割合が高いことが報告されています。話すことは“構音機能”というヒト特有の話し言葉の音声を産生する機能が関わっていて、上あご、下あご、舌、唇を動かすことで音声となりますが、これらを動かすには筋肉が必要となります。咀嚼することで顔面全域の筋肉が鍛えられ発達し、また口腔内も正常に発達します。
また、高齢者については言葉をはっきりと喋るためには、上あご、下あご、舌、唇の筋肉を適切に維持をすることが求められます。近年では「オーラルフレイル」という言葉も多用されるようになりましたが、“オーラルは口”、“フレイルは虚弱”という意味です。すなわちオーラルフレイルとは、加齢による衰えの一つで、食物を噛んだり飲み込んだりする機能が低下したり、滑舌が悪くなったりするなど、口腔機能の虚弱化を指します。

対処法

お子さんの場合は食事の時にどれくらいお子さんが咀嚼しているか、数えてみましょう。理想はひと口で30回です。また、食事中お子さんに「早く食べなさい」などと言わないようにしましょう。
高齢者の方も食事をする際、よく噛んで食べるように促しましょう。また、食べにくいからといって柔らかいものばかり食べていると、咀嚼機能が低下してしまうので、気をつけましょう。

まとめ

言葉をはっきりと喋るためにも食事をする時はよく噛んで味わって食べることを習慣づけましょう。