口臭の種類 - 心理的口臭


口臭があると思い込んでしまう「心理的口臭」。今回はその原因や特徴、対処法について説明します。

心理的作用による口臭の原因・特徴

「心理的口臭」とは現実には口臭がないのに、自分で「口臭がある」と思い込んでしまうものです。他にも「自臭症」、「自己臭症」、「自己臭恐怖症」と呼ばれることもあります。
口臭を気にするあまり、1日に何度も歯磨きをしたり、口臭ケアのグッズやタブレットなどを多用してしまいます。心理的口臭はほとんどの場合、自分が経験したトラウマや精神的なストレスが原因となっているようです。例えば、過去に他の人から口臭を指摘されたことで、自分の口臭が周りに迷惑をかけていると思い込んでしまう人もいます。具体的には会話の途中で相手が顔をそむけたり、鼻や口元に手を当てた時、その仕草が自分の口臭のせいで行われたと思い込みます。
また、心理的口臭に潜む弊害としてあげられるのが、最初は心理的口臭で実際には口臭がなかったのに関わらず、神経質になり、ストレスから唾液の分泌量が減ってしまうことで、本来なかった口臭が本当に出てきてしまうことです。

心理的口臭の対処法

まずは「自分には口臭がない」と自分自身が認識しなければいけません。しかし自分ではその判断が難しいので、歯科医院など病院を受診することが望ましいです。口臭がないことを医師に説明され、納得できればよいのですが、それでも「自分には口臭がある」と思い込んでしまうような場合は、心療内科や精神科との連携が行われることもあります。
心理的口臭の治療は様々な方法がありますが、心理的なアプローチのほか、薬物療法を取り入れる場合もあります。心理的口臭の治療には、病院と患者さんとの信頼関係を築いたうえで治療を進めることがとても重要です。そのため、普段から信頼できる歯科医院を見つけておくとよいでしょう。

まとめ

自分や家族に心理的口臭の特徴などがみられたら、抱え込まずに、医師へ相談してみましょう。