電動・音波・超音波歯ブラシの違いについて

電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシの違いについてわかりやすく説明したいと思います。

電動歯ブラシ

ブラシが電動で動くもので、自分でブラッシングする必要がありません。ブラシには四角のヘッドと丸いヘッドがあり、四角のブラシは左右往復、丸いヘッドは回転運動をします。機種により異なりますが、2000~7000/分の速さでブラシが動きます。四角のブラシの往復運動は歯の汚れを浮かすとともに、歯と歯茎の間の歯周ポケットのケアに適しています。一方、丸いブラシの回転運動は歯垢の除去に適しています。ですので、歯茎や歯周ポットの手入れを重点的にしたい人は丸いブラシを、歯茎や歯周ポケットのケアをしたい人には、四角のブラシの電動歯ブラシを選ぶとよいでしょう。

音波歯ブラシ

電磁石の磁極を反転させることで、一般的なモーターよりも高速にブラシを振動させるものが音波歯ブラシです。3万~5万/分の速さで動きます。毛先が汚れを除去するだけでなく、音波振動によってできる水流や細かい泡も歯の汚れを取り去ります。電動歯ブラシと同じく、自分でブラッシングする必要はありません。なぜ音波歯ブラシと呼ぶかと言うと、振動周波数が音波と同じくらいだからです。

超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシは音波歯ブラシよりもさらに高い周波数で振動するタイプです。100万~150万/分の速さでブラシが動きます。超音波歯ブラシは除去が難しい粘着性が高い歯垢も破壊することができるとされています。ブラシの振動が細かすぎるので、自分でブラッシングをしなければいけません。電動ブラシ、音波ブラシよりも歯垢除去能力が強いようです。

<まとめ>

電動歯ブラシ、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシは一概にどれがいいとは言えません。その人の歯並びや歯の状態などが関係してくるので、迷った場合は歯科医に相談するとよいでしょう。また、どれも定期的にブラシ交換をする必要性がありますので、本体の値段だけでなく、替えブラシの値段も考慮するとよいでしょう。