キシリトールを虫歯予防に役立てましょう

虫歯予防にいいとされるキシリトール。キシリトールにはどのような効果があり、どのような製品があるのでしょうか。

虫歯予防に効果が期待できるキシリトールの特徴とは

キシリトールは天然の糖アルコールで砂糖と同じくらいの甘みがあります。
虫歯は口の中のミュータンス菌が作る酸によって歯のカルシウムを溶かし、穴をあける病気ですが、キシリトールは酸が全くできません。また、キシリトールは甘みが強いので、唾液の分泌を促進します。唾液が多いと口の中の酸を中和することができるので、虫歯の抑制に効果が期待できます。
また、キシリトールのガムやタブレットを口の中に入れることで、歯垢がつきにくくなり、歯の再石灰を促進して歯を固くします。その上、キシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を弱める作用があります。このようにキシリトールは口の中を虫歯ができにくい状態にするのを助けてくれます。

キシリトール製品について

キシリトールは多くの果実や野菜に含まれ、人体でも作られますが、市販されているキシリトール製品のキシリトールは、白樺や樫の木から抽出されるキシランヘミセルロースを原料にして、工業的に作られたものです。
キシリトールの虫歯予防効果が期待できるのは、ガムとタプレットです。ガムもタブレットも長い時間口の中に入れているものだからです。
いずれも高濃度でキシリトールが配合されているものを選ぶようにしましょう。(50%以上)また、砂糖などの甘味料が入っていないものを選ぶのもポイントです。パッケージにシュガーレスと表記されていれば間違いありません。
キシリトールガムは食後30分以内に噛みます。ガムを噛むことで唾液の分泌も促進されます。タブレットも食後30分以内に口に入れましょう。タブレットは噛まずに最後まで舐めるようにしましょう。

<まとめ>

キシリトール製品を上手に生活に取り入れて、虫歯予防に役立てましょう。