1回の撮影でCT画像とパノラマ画像を撮影可能な X線CT診断装置を導入

歯科用CTレントゲン「PaX-I 3D smart」

当院では治療の際、患者さんの負担を少しでも軽減したいと考えています。
そこで、1回の撮影でCT(3D)画像とパノラマ画像の両方が撮影できる歯科用CTレントゲン「PaX-I 3D smart」を導入しました。

診断の精度がより高まります

「PaX-I 3D smart」は出荷台数世界2位の実績を持つレントゲン業界のパイオニアVATECH社の次世代機種です。
今までCT画像とパノラマ画像の両方が必要な症例の場合、患者さんに2回の撮影をお願いしていましたが、「PaX-I 3D smart」は撮影を1回で終わらせることができます。
「PaX-I 3D smart」は性能も高く、革新的なFOV(視野角: FIELD OF VIEW)も特徴で歯列に沿った撮影で親知らず(8番) もきちんと写すことができます。親知らずが横たわっている場合も映像が欠けてしまうことはありません。
画像を見て診断する時、CT(3D)画像とパノラマ画像の両方を並べて画面表示できるので、比較をしながら診断することができます。また、CT(3D)画像で気になる箇所がある時、画面上でワンクリックするだけで、その箇所のパノラマ画像に飛ぶことができ、詳細の診断に非常に便利です。

患者さんによりわかりやすく説明することができます

CT撮影した画像から立体的なパノラマ画像を表示することも可能なので、患者さんに簡単に患部の説明をすることができます。今まで患者さんはパノラマ画像で説明を受けているケースが多いので、状況を理解しやすくなっています。
また、「PaX-I 3D smart」は、治療計画も説明動画を使ってわかりやすく患者さんに説明することができます。これにより、患者さんの治療に対する不安を取り除くこともでき、今後の治療方針もよりわかりやすくなります。
さらに、「PaX-I 3D smart」にはインプラントシュミレーション機能が搭載されています。豊富なインプラントデータから、患者さんに最適なシュレーションを行うことができるので、インプラントをご検討の方は、実際に映像でシュミレーションを見ることができ、インプラントについてより深く理解してもらえるようになっています。