歯周病は、歯周病の原因となる細菌が引き起こす炎症性疾患で、歯を失う原因となります。
口臭が気になる
歯がぐらぐらする
歯を磨くと出血する
歯が浮いているよう感じがする
などの症状があれば、できるだけ早めにご来院ください。

歯周病とは

歯周病のイメージ写真

「歯周病」の主な原因は、その原因となる細菌に感染することです。

歯周病には、歯周病原菌といわれる細菌が関わっています。感染症には、1種類の細菌に感染して起こるものが多くありますが、歯周病では数十種類もの細菌が関連していると考えられています。その歯周病原菌に感染すると、歯そのものではなく、歯を支える歯茎(歯肉)や骨に炎症が起きる、という仕組みです。

では、炎症はどのように起きるのでしょうか。

大きな要因は、歯磨きが十分でないこと。歯と歯茎の境目の歯磨きが不十分だと、そこに歯垢が蓄積して多くの細菌が住みつきます。すると、歯と歯茎のすきま(歯周ポケット)から細菌が侵入し、歯肉に炎症を引き起こして腫れてしまうのです。

痛みはほとんどの場合ないので、自分ではなかなか気づけません。当院でも、程度の差はありますが、成人であれば男女を問わず、大抵どこかしらが歯周病。詰め物が取れた等別のことで来院して、歯周病が見つかる方が大変多くいらっしゃいます。

歯科医院で診察を受けて気づけばラッキーですが、気づかないで症状がさらに進むと、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせ、歯が自然に抜け落ちてしまうことがあります。歯を失う80%以上の原因は歯周病もしくはむし歯によるものとされています。

歯周病の進行要因

歯周病は細菌感染で起きるものですが、生活習慣病の一つであり、歯周病の進行には自分でブレーキをかけることができます。

例えば、

  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病等)
  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 歯に合わない被せ物や義歯
  • 不規則な食習慣

等、歯や口腔環境に大きな負担をかけたり劣化させたりするものが、歯周病を進行させてしまいます。しかし、これらの要因には、ある程度自分でコントロールできるものもあるのです。

差し歯、インプラントの後も要注意

高いものを入れてきれいになったから大丈夫、ではありません。
値段には関係なく、定期的に歯科クリニックに通い、メンテナンスを継続する必要があります

一般に考えられているより、歯は動きます。差し歯やインプラントが時とともに合わなくなり、歯周病になりやすくなるということも、しばしばあります。

また、歯は削って金属を被せたところや、入れ歯にした部分から劣化していきます。そもそもその箇所はプラークが溜まりやすいので削ったり、入れ歯やインプラントにしたりという処置が必要になったのであり、そういう場所はそもそも歯周病にもなりやすい、とも言えます。

歯科クリニックでの定期的なメンテナンスを継続して行い、現状を維持していけるようにしましょう。

 

全身の健康に影響する歯周病

全身の健康に影響する歯周病のイメージ写真

歯周病は、口の中だけでなく、全身の健康と関わっています。

よく知られているのが糖尿病との関連で、糖尿病の人は歯周病にかかりやすく、歯周病の人は糖尿病が重症化しやすいという、相互関係があります。

また肝臓病や心臓病とも密接に関係していて、歯周病の治療がこうした全身疾患の症状改善につながった例も多く報告されています。

その他、心筋梗塞や脳卒中につながる動脈硬化や慢性腎臓病、早産、誤嚥性肺炎、がんなどにも影響すると指摘されています。

歯周病と口臭

歯周病、というと中高年のものという印象があるかもしれません。しかし近年は10代の若い人でも歯周病を発症している人が増えてきており、30代前後になると8割近い人が発症しているという調査結果もあり、若い人たちの中に「口臭」が気になる方が増えています。

口臭は誰にとっても気になるものですが、若い人にとっては特に大きな悩みの種となりがちです。歯周病になると口臭がきつくなるので、口臭が気になる人はそれが歯周病によるものかどうか、診察を受けることをおすすめします。

10代で罹患する歯周病は、中高年で罹患する一般的な歯周病と異なる原因の場合もあります。早めに対処しましょう。

歯周病をきちんと治療することは、他の病気の改善にもつながります。
口だけの病気とは思わず、全身の健康の基本として、口腔内の環境を整えていきましょう。

歯周病の治療

歯周病治療のイメージ写真、りんごの写真

歯周病の治療は主に、歯周病の原因となる病原菌の数を減らすことで、以下の4つが中心となります。

  1. 正しい歯磨き、ブラッシング
    適切な歯ブラシを使い、正しい方法で毎日歯を磨き、歯の表面を、歯垢のない清潔な状態にしておく事がとても重要です。
    そのため、診察時には歯磨き指導(ブラッシング指導)も行います。

  2. 専門的なクリーニング(PMTC)
    歯垢は、毎日の適切なブラッシングでかなり除去することはできますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌までは退治できません。そのため、専門器具を使って、歯肉の中に入っている歯石を完全に取り除くなどして、炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去します。

  3. 傷んだ歯肉・骨の治療
    歯周病原因菌で傷んでしまった歯肉と骨を治療して、健康に近い歯肉にします。

  4. 定期メンテナンス
    定期健診(口腔内診査)、歯科衛生士による専門的なクリーニング、歯磨き指導等、定期的なメンテナンスとケアを歯科医院で行います。

歯周病の予防

虫歯予防のイメージ写真

歯や歯周組織が年齢とともに劣化していくのは、ある程度は当たり前です。
しかし、歯は一旦ぐらつき始めると、なかなか元に戻せません。そうならないように前もって手を打っていくのが、非常に大事なのです。

できるだけ歯周病にならないようにする、現状を維持していくために、可能な予防ケアを行う。
皆さんの歯ができるだけ長持ちするように、口腔内の環境作りにスタッフ一同精一杯尽力いたします。

基本のブラッシングに、「POICウォーター」をプラス

歯周病の進行にブレーキをかけたり、予防したりするには、口の中で悪さをする細菌を少しでも減らすのが大切です。そのため、毎日の歯磨き、ブラッシングはとても大切なのですが、それだけでは口腔内の細菌数は十分には減りません。

歯周病を予防するために細菌数を減らす。
これをホームケアとして実行するのに、今最も有効で手軽にできる方法として、当院では「POICウォーター」の使用をおすすめしています。

お気軽にご相談ください。

POICウォーターについて

予防にまさる治療はない

歯周病で歯を失っても、義歯(入れ歯)やインプラントと言った治療法もありますが、最良は「歯周病にならない」こと。自分の歯に勝る歯はありません。

歯周病は自覚症状が出にくく、気づかないところで進行します。「自覚症状が出てきたら」治すのではなく、「自覚症状が出る前に」「悪くならないように」していくことが大切です。

定期的な検診と予防処置、および「"生涯連れ添う"口の中」への関心を高め、ホームケアに努めていきましょう。

当クリニックでは、患者さんお一人お一人に合った

  • 適切な歯磨きの仕方
  • 現状の把握と理解
  • 歯周病になる可能性のチェック
  • フッ素による歯質の強化

などを定期的に管理し、ともに「歯の予防」を行っていきたいと考えています。「口腔内管理」につきましては是非、当院にお任せくださいませ。

予防歯科について