健康美あふれる笑顔に美しい歯並び。
憧れる人は多いと思いますが、歯並びは見た目だけの問題ではありません。
噛み合わせは全身に大きな影響を与えます。

矯正治療はなぜ必要か?

矯正歯科のイメージ写真

歯並びというのは単なる見た目だけの問題ではありません。噛み合わせの問題は、全身の健康に大きな影響を与えます。

それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心を作るための歯科治療なのです。

そして治療がすめば、健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

 

矯正歯科治療前と治療後の写真1

矯正歯科治療前と治療後の写真2

矯正歯科治療を開始する時期

矯正を始める時期のイメージ写真

矯正歯科治療を開始する時期は様々で、個々の患者さんの状態により異なります。

矯正歯科治療を開始する時期は、専門の矯正歯科医師の診断により決定されます。これは患者さんの負担を最小に、効率よく、最良の治療結果を得るために必要なことです。

早期から治療を開始したからといって、患者さんの負担のわりに治療効果が得られなかったり、逆に早期治療を怠ったために効果的な治療の時期を逸してしまう場合があります。

的確な治療時期に最小の矯正装置で効率よく、患者さんの負担を最小に抑え、最良の結果を獲得することが合理的な矯正歯科治療の成功のカギといえましょう。

以下に矯正歯科治療のスタート時期決定要因を簡単に挙げておきます。

1.早期治療を必要とする要因

上・下の顎骨の大きさに不調和が認められる場合
(たとえば下顎の発育が大きなときは早期に下顎の成長を抑制するような治療を開始します)


でこぼこした歯並びで噛み合わせたとき特定の歯に負担が起こるような場合、または噛み合わせにより下顎の位置にずれを生ずるような場合は「早期に歯の干渉をなくすような治療」を開始します。
口呼吸、舌癖、異常嚥下癖、口唇の過緊張などの悪習癖が認められる場合。悪い習慣、癖は歯並びに大きな影響を与えます。早期に習癖を阻止するトレーニングの実践や習癖改善のための矯正装置による治療が必要です。

2.すぐに治療を開始することなくしばらく観察のみとする要因

完全な永久歯列期には到っておらず、でこぼこした歯並びであるが噛み合わせたときに特定の歯に大きな負担が認められないような場合
(すべての乳歯が永久歯に生え変わってからの矯正治療が効率よく、治療にかかる時間も短く最適です)

早期の治療の必要性が認められても、幼年児で治療に協力できなかったり矯正装置の管理・使用が困難な場合、いずれにしましても矯正歯科治療の開始される時期につきましては患者さん個々に複雑な要因を把握した上で決定いたします。まずはお気軽に初診・ご相談されることをお勧めいたします。

床矯正とは?

歯周病治療のイメージ写真、りんごの写真

床矯正治療では、基本的には永久歯は抜かずに顎を拡げて歯を並べます。 現在主流になっている矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、顎と歯のバランスを保ちます。

治療には入れ歯にネジのついた装置を使用します。 このネジを回転させることにより少しずつ顎を拡げ、歯を正しい位置に移動します。

※床矯正で使用する装置は簡単に取り外すことができます。これは床矯正ならではの利点であり、食事や発音障害を生じる場合(国語や英語の授業、勤務に支障がある場合など)は取り外します。

装着時間が多いほど治療は早く終了しますが、一日に12時間以上装着していれば治療は可能です。

見えない透明な矯正装置 アソアライナー

虫歯予防のイメージ写真

アソアライナー(Aso Aligner)とは、ブラケットやワイヤーを使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。

このマウスピース型のアソアライナーは透明なので治療中に目立つことがなく、また食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。

歯の移動量をコンピュータで測定しながら製作するので、正確かつ画期的な矯正装置です。

以前からあるマウスピース矯正装置「クリアアライナー」と基本的に同じですが、マウスピースの厚みや種類、診断用のプログラムが改良され、クリアアライナーと比べると、より正確な矯正装置となりました。