虫歯は自然には治りません。早めの治療が大切です。
歯の表面が少し溶けてきた、
歯の表面や溝が茶褐色、
歯に穴が空いた、 歯が痛い、
などの自覚症状があれば、できるだけ早めにご来院ください。

虫歯とは

虫歯のイメージ写真

通常、口の中では唾液がpH値(アルカリ性と酸性とのバランスを示す値)を中性に保つ働きをしています。

食べかすなどに含まれる糖分が口の中に長時間残っていると、細菌はそれらをエサにpH値を下げ、酸性を高め、歯のエナメル質を溶かします。

これは虫歯になりかけの状態ですが、カルシウムやリン酸を含んだ唾液が、溶けかけた歯があると修復しようとします(再石灰化)。

しかし過剰な糖分の摂取が続いたり、pH値のバランスが崩れたりすると再石灰化せずに細菌の出す酸により歯質が崩壊します。これが虫歯の状態です。

虫歯は「疾病」です

歯に付着した歯垢(プラーク)を歯みがきなどで取り除くことで、口の中はある程度の清潔を保てます。しかし虫歯は、歯の間や奥歯、歯面の溝など、歯みがきで磨きにくい部分に発生しやすいのも事実。

さらに、それらを放置しておくと症状は進行し、生活にも支障をきたすほど悪化する場合もあります。また、他の病気を引き起こす原因にもなりえるので注意が必要です。

たかが虫歯と放置せず、ひとつの「病気」と捉えて早めの受診を心がけましょう。

虫歯の治療

虫歯治療のイメージ写真

虫歯のあることを自覚していながら、歯科クリニックでの受診を先延ばしにする人がたくさんいます。
「時間がない。」
「めんどうくさい。」
「痛くなってからでいい。」
等々、理由は諸々ありますが、最も大きな理由は、多くの人が「歯医者は痛い。」という先入観を持ち、歯医者は痛いから嫌い、と思っているからではないでしょうか。

当院では、痛みをできるだけ感じず、リラックスした状態で治療を受けていただけるよう努めています。
歯を削らないで済む治療法も導入いたしました。
私と二人三脚で、あなたの歯の健康を維持、増進をしていきましょう。

痛くない虫歯治療

「歯を削ると痛い」
「麻酔の注射が怖い」
多くの人がこのように思っているでしょう。
現在では治療器具や診療技術が進歩して、極力痛くない治療を提供することが可能となりました。

また当院では、歯を削らない・痛くない虫歯治療(ドックベストセメント)を導入しています。
お気軽にご相談ください。
ドックベストセメントについて→

さわやか診療

当医院では、思いやりの歯科治療・笑気吸入鎮静法による歯科診療を行っています。
痛み・不安・恐怖感などがやわらぎ、リラックスした状態で、安心して診療が受けられます。
お気軽にご相談ください。

 

痛くない・削らない虫歯治療、ドックベストセメント

痛くなくて、歯を削らずに虫歯が治ったらいいのに。
多くの人がそう思ったことがあるのではないでしょうか。
そんな夢のような理想の治療が「ドックベストセメント療法」です。

 

ドックベストセメント療法の特徴

メリット
  • 歯をなるべく削らない
  • ほとんど痛くない
  • 歯を削る従来の治療より歯が長持ち
  • 神経を抜くリスクが減る
  • 治療時間が短く、通院回数が少ない
  • 殺菌力が長く、再発しにくい
  • 歯周病改善につながる

デメリット
  • すべての虫歯・歯痛に効くわけではなく、成功率は80〜90%程度
  • 自費診療

ドックベストセメントについて

「ドックベストセメント」とは、ミネラル成分を含んだ特殊な歯科薬剤で、アメリカで開発されました。
日本の厚生労働省よりも厳しいと言っても過言ではないアメリカ合衆国の公的機関で検査を受け認可され、商品化されています。

薬剤と言っても抗生物質等とは異なり、人の体に優しい薬です。人体にもともとある銅等のミネラルが主原料なので、アレルギーなどの拒否反応は出にくく、歯科で用いられるセメントや薬剤の中で最もアレルギーが出ないというデータもあります。

従来の治療法とドックベストセメントの比較
  従来の虫歯治療(保険治療) ドックベストセメント
方法 麻酔をする
悪い所とその周囲を削り取る
プラスチックや銀歯を詰める
虫歯を消毒する(次亜塩素酸水=強力な殺菌力のある水)
いったん殺菌するお薬(3MIX)を詰める
症状が消えたのを確認
→Doc's bestセメントを詰め、特殊コーティング
→ハイブリッドを詰めたり、セラミックをかぶせたりする
メリット 安い
治療費 約2000円~
(3割負担の場合のトータル金額)
痛くないので麻酔不要
削らないので痛くない、怖くない
神経を残せる
虫歯が再発しにくい
変色しにくい
来院回数、治療時間が少なめ
削らない分歯が長持ち
デメリット 削るので怖い・痛い
神経が死にやすくなる
歯が折れやすくなる
来院回数が多くなりがち
再び虫歯になりやすい
詰め物が変色する
劣化等で銀歯が取れやすい
プラスチックの詰め物は壊れやすい
銀歯で金属アレルギーになることがある
自費診療の分費用がかかる

虫歯の予防

虫歯予防のイメージ写真

画期的な虫歯の治療法もありますが、最良は「虫歯にならない」こと。

「痛くなってから」治すのではなく、「痛くならないうちに」「悪くならないように」していくことが大切です。

定期的な検診と予防処置、および「"生涯連れ添う"口の中」への関心を高め、ホームケアに努めていきましょう。

当クリニックでは、患者さんお一人お一人に合った

  • 適切な歯磨きの仕方
  • 現状の把握と理解
  • 虫歯になる可能性のチェック
  • フッ素による歯質の強化

などを定期的に管理し、ともに「歯の予防」を行っていきたいと考えています。

患者さん各位のお力となれますよう、スタッフ一同精一杯尽力してまいりますので、「口腔内管理」につきましては是非、当院にお任せくださいませ。

予防歯科について