舌苔の原因と堆積して起きる症状

舌についた汚れ、歯垢が舌苔です。舌苔は誰にでもあるものですが、健康な口腔内であれば、過剰にたまることもなく、問題はありません。

舌苔の原因は?

舌苔が増えてしまう原因の一つは、唾液の分泌の減少です。唾液がたくさん分泌されていれば、唾液が舌苔を洗い流してくれますが、ストレスを抱えていたり、免疫力が低下していたりすると、舌苔がつきやすくなります。これは、ストレスや疲労、免疫力の低下、自律神経のバランスの崩れていると、唾液の分泌が減少してしまうからです。
また、食事の際にあまり咀嚼をしないと、舌も動かず、付着しやすまなりますし、唾液の分泌量も減ってしまいます。さらに、人と話さないでいると、舌を動かさず、舌が衰え、こちらも唾液の分泌量が減り、舌苔が増える原因になります。
体の不調によって舌苔が付きやすい場合もあります。内蔵、特に胃腸が弱っている場合は、舌苔が厚くなることもあります。また、唾液の分泌が悪くなるシェーグレン症候群、体内の水分が不足する糖尿病などの疾患の症状として舌苔が増えることもあります。

舌苔が堆積してくると起こる症状

舌全体にうっすらと白く舌苔が付いている程度なら無症状なので、神経質になることはありません。しかし舌苔が厚くなってくると、口臭の原因になることがあります。舌苔は雑菌の集まりです。細菌がタンパク質を分解するとニオイ物質が発生します。
さらに舌苔が増えて症状がひどくなると、味覚障害になるケースもあります。舌の表面が舌苔に覆われてしまい、味を感じる味蕾細胞に刺激が到達しないためです。
舌が黒ずんだ状態のことを黒毛舌と言いますが、抗生剤の長期投与などで口腔内の細菌バランスが変化して起きる現象です。何らかの病気の場合もあるので、医師の診察を受けるとよいでしょう。

<まとめ>

舌苔の軽度の付着は気にすることはありませんが、堆積してきたら注意が必要です。


●当サイト内ページリンク