インプラント治療のデメリットも知っておきましょう

噛み合わせがよく、審美的にも優れているインプラントですが、メリットばかりではありません。物事には何事もメリットもあればデメリットがあるものです。そこで今回はインプラントのデメリットを紹介します。

手術をしなければならない

人工歯根を埋め込んで、その上から人工の歯をかぶせるインプラント治療では、人工歯根を顎の骨に埋め込むために、外科的手術をしなければいけません。インプラント治療の手術は1回法と2回法とがありますが、当院が採用している「AQBインプラント」の手術は1回法になります。手術は1回で済むので、2回法よりも負担が少ないのは確かですが、ブリッジなどの治療法と比較すると治療期間も長くなります。
また、外科治療には痛み、腫れ、出血を伴いますし、合併症などの可能性もあります。
さらに、インプラント治療をしたくても、次のような場合は外科的手術ができないこともあります。

  • 免疫性が低下しているなど全身的な疾患がある場合
  • 抗生物質に対して異常反応を見せる場合
  • 重度の歯周病で骨が溶けている、歯茎が下がっている場合
  • 骨粗しょう症の疑いがある場合

もしも、上記に当てはまるようなことがあるならば、インプラント治療を回避しなければならない場合もあります。

定期的なメンテナンスが不可欠

インプラント治療は手術が完了しても、その後もメンテナンスを定期的に行わなければいけません。最初の頃は頻繁に通院が必要となります。また、インプラントを長持ちさせるためには、良い口腔環境の維持が不可欠です。通院はもちろんのこと、普段の生活での自己管理も必要となります。口腔環境が悪いと、歯周病が繁殖し、インプラント周囲炎にかかる可能性もあります。これが悪化すると周囲の骨が破壊され、せっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちることもあります。

<まとめ>

インプラントのメリットとデメリット、両側面をしっかりと理解した上で、インプラント治療法を選択肢の一つとしてください。


●当サイト内ページリンク