歯間ブラシの上手な使い方

歯間ブラシとデンタルフロスとの使い分け方

歯ブラシで磨いただけでは、歯と歯の間に磨き残しがあることもあり、食べかすやプラークが残ったままになってしまいます。そこで活用してもらいたいのが、歯間ブラシとデンタルフロス。では、この二つはどのように使い分ければよいのでしょうか。広い歯間部を効率的にきれいにすることができるのが、歯間ブラシ、歯と歯の間隔が狭いところや歯並びが悪い箇所を磨くのに適しているのがデンタルフロスになります。歯間ブラシは歯が抜けたままになっているところやブリッジの下、矯正装置の周りを磨くのにも適しています。

歯間ブラシの種類と正しい使い方

歯間ブラシにはハンドルの形状がストレート型(I型)のものとL字型の2種類あります。ストレート型(I型)は前歯を磨くのに便利で、L字型は奥歯を磨くのに適しています。できれば、磨く場所によって使い分けるのが望ましいです。磨く部分がゴムタイプのものとワイヤータイプのものがありますが、初心者の人はやわらかいゴムタイプがおすすめです。

<使い方>

  1. 歯間ブラシはゆっくりと斜めに挿入します。(歯肉を傷つけないため)
  2. 斜めのブラシを水平にし、歯の側面に沿わせて2~3回往復させて磨きます。
  3. 外側だけでなく、内側からも磨くと効果的です。
  4. 隣り合う歯の斜め部分も歯間ブラシを軽く当て磨きましょう。
  5. 口をゆすぎます。

※必ず鏡を見ながら使うようにしましょう。

歯間ブラシを使い終わったら、流水でブラシ部分を洗い流し、乾燥させましょう。ブラシの毛やワイヤーが曲がるなどした場合は取り替えるようにします。
また、歯間ブラシが入りにくいところに無理に入れると、歯や歯茎が磨り減ることもあるので注意しましょう。歯茎に炎症がある時などは、歯間ブラシの使い始めに出血することもあります。出血が続くようであれば、使用を控え歯科医に相談しましよう。

<まとめ>

毎日の歯磨きに歯間ブラシを取り入れて、健康な口内環境を保ちましょう。


●当サイト内ページリンク