初期虫歯を修復する「歯の再石灰化」

虫歯予防に大きく役立つ「歯の再石灰化」のメカニズムや促進方法をご紹介します。

初期虫歯と再石灰化の関係

虫歯は口の中のミュータンス菌が作る酸によって歯のカルシウムを溶かし、穴をあける病気ですが、いきなり歯に穴が開くわけではありません。歯に穴が開く少し手前を「初期虫歯」と呼び、口の中が酸性になり、歯が溶ける「脱灰」という現象が起こります。この段階であれば“再石灰化”によって虫歯を治すことができます。
再石灰化とは、脱灰で溶かされた歯の表面を、唾液に含まれているリンやカルシウムがエナメル質の結晶を新しく形成し、歯の表面に戻してくれる現象です。私たちの口の中では、脱灰と再石灰化が繰り返し行われていて、酸性の時間が長いと再石灰化が間に合わず、歯に穴が開く虫歯に進行していきます。

再石灰化を促すために気をつけること

再石灰化がきちんと行われていれば、虫歯が進行することもありません。それでは、再石灰化に大切なことは何でしょうか。次に再石灰化を促すためのポイントをいくつかご紹介します。

  • 歯ごたえのある物を食べる
    食べ物を噛むことで唾液の分泌が促進されるので、歯ごたえのある物を食べると、再石灰化にも有効です。
  • 食後にキシリトールガムを噛む
    食後にキシリトールガムやシュガーレスガムを噛むと唾液の分泌を促進します。
  • フッ素を利用する
    フッ素はエナメル質を強くし、細菌の活動を抑え、再石灰化を促進させる働きがあります。フッ素が入った歯磨き粉やうがい薬を使って、虫歯予防に役立てましょう。
  • ダラダラ食べや間食を控える
    食後の口の中は酸性で、30分ほどは脱灰が盛んに行われています。ダラダラ食べていると脱灰が長時間続くことになり、頻繁に間食をしても脱灰が起こりやすくなるので、ダラダラ食べや間食を控えましょう。

<まとめ>

歯の再石灰化が上手く行われていれば、深刻な虫歯になることもありません。再石灰化を意識して、虫歯予防を行いましょう。


●当サイト内ページリンク