正しい歯ブラシ選び~高齢者編~

加齢とともに体は様々な変化をしていきますが、口の中も例外ではありません。虫歯や歯周病が多くなる、治療後や入れ歯が多くなるなど、加齢によって様々な変化が起こります。また、高齢者は握力が低下するなど、体の機能面の変化もあるので、高齢者に合った歯ブラシ選びが必要です。

シニアが自身で使う歯ブラシの選び方

まず高齢者ご自身が使う歯ブラシ選びのポイントを紹介します。

  1. 毛の硬さは「ソフト」
    高齢者はエナメル質の減少によって歯が傷つきやすくなっています。毛の硬さはなるべく柔らかなソフトタイプを選びましょう。
  2. ヘッドは「コンパクト」
    高齢者は開口が小さくなる傾向があるので、口の中に入りやすいコンパクトサイズのヘッドを選びます。
  3. ハンドルは「ストレート」
    ストレートなハンドルの方が持ちやすく、磨きたい箇所にダイレクトに毛先が届きます。また、握力が落ちている場合は太めのハンドルを選ぶようにします。

歯の間、ブリッジを入れている人は歯間ブラシ、糸ようじ、フロスなどで清掃します。

●入れ歯の洗浄について

入れ歯を使用している人は入れ歯を清掃して、口腔内を清潔にしましょう。入れ歯は凹凸があり、汚れやぬめりが残りやすいので、普通の歯ブラシではなく、義歯専用ブラシを使用します。また通常の歯磨き粉には研磨剤が入っているため、入れ歯に傷がつき、そこから細菌が繁殖する可能性もあるので、歯磨き粉も義歯用洗浄剤を使用して清掃を行いましょう。

介護用歯ブラシの選び方

要介護者は唾液の分泌が低下している人も多く、口腔内の細菌を排除されにくい状況にあります。また、手先を若い人のように細かく動かすことができないと、普通の歯ブラシでは磨きにくいので、360度前面にブラシがついている「360度ブラシ」や比較的簡単に汚れを落とすことができる「スポンジブラシ」などがあります。

<まとめ>

歯や口腔環境を健やかに保つことは、歯だけでなく、心身の健康にも深く関わっています。高齢になっても元気で過ごせるように、正しい歯ブラシ選びをして口腔ケアをしましょう。


●当サイト内ページリンク