正しい歯ブラシ選び~大人編~

正しい歯ブラシ選び~大人編~

多種多様な歯ブラシの中から、自分に合った歯ブラシを選ぶポイントを紹介します。

ヘッドのサイズとハンドルの選び方

まず歯ブラシのヘッドサイズを選び方です。一般的に上前歯2本分のヘッドの大きさが目安となりますが、さらにみがき方に合わせてサイズを調整するのが好ましいです。「奥歯をしっかりとみがきたい人」、「1本ずつ丁寧にみがきたい人」は小さめのヘッドの歯ブラシを選びます。いわゆる、“コンパクトヘッド”、“超コンパクトヘッド”と表記されているものです。「細かくみがかなくてもよい人」は“ふつうサイズ”のヘッドを選ぶとよいでしょう。
次にハンドル(柄)の形の選び方です。高齢者など手に力が入らない、しっかりと握れないという人は、握りやすい太めのハンドルが適しています。反対に手に力が入りすぎて、強くみがいてしまう人は、真っすぐで細めのハンドルが合っています。

自分に合った「硬さ」の選び方

歯ブラシを選ぶ時、重要なポイントとなる「硬さ」。大きく「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」の3タイプに分けられます。

「かため」の特徴
歯垢が落としやすい反面、歯茎を傷つけてしまうこともあります。歯茎に当たると痛いので、歯茎付近を避け、歯と歯茎の境目にみがき残しが生じる場合もあります。かための歯ブラシを使用する場合は、歯茎付近をみがく時にやわらかい歯ブラシに替えてみがくとよいでしょう。
「ふつう」の特徴
歯と歯茎が健康な人、歯茎が下がっていない人は「ふつう」でも大丈夫ですが、歯茎が腫れている場合などは、避けた方がよいでしょう。
「やわらかめ」の特徴
歯茎に当たっても痛くないので、歯茎と歯の境目を磨くのに適しています。虫歯予防はもちろんのこと、歯肉炎や歯周病予防にも効果があります。歯茎に腫れや痛みがある場合はよりソフトなものを選ぶとよいでしょう。時間をかけて歯をみがく人も、やわらかめがおすすめです。

まとめ

正しい歯ブラシ選びをして、効果的に歯みがきをし、虫歯予防をしましょう。


●当サイト内ページリンク