正しい歯ブラシ選び~子供の歯みがき編~

歯ブラシ

子供の歯みがきには、「子供用」と「仕上げみがき用」の2本の歯ブラシを必ず用意します。

子供が自分で持つ「子供用歯ブラシ」の選び方

赤ちゃんが生後6か月を過ぎて歯が生え始めたら、離乳食がスタートしますが、これに合わせて歯みがきもスタートします。まずは、歯をみがくことよりも赤ちゃんが慣れることが大切です。歯ブラシを嫌がるようであれば、ガーゼなどで歯を拭くようにしてもよいでしょう。子供が自分で持てるようになったら、次のポイントを押さえて、使いやすい歯ブラシを用意してあげましょう。

  • ヘッドが小さい
  • 赤ちゃんの口の中は狭いので、動かしやすいようにヘッドが小さめの歯ブラシを選びます。
  • 毛が柔らかい
  • 毛が固いと歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので、必ず柔らかい毛のものを選びます。
  • 握りやすい
  • 赤ちゃんが歯みがきの習慣を身につけるためにも、握りやすさは重要です。

「歯ブラシで喉を突いてしまうか心配」という人にはリングタイプの歯ブラシもおすすめです。赤ちゃんが握りやすく、喉まで届かない設計になっています。また、2歳頃は自分みがきを始めるのに適した時期です。安全性を考慮して、持ち手が短いものを選びます。好きな色やキャラクターの歯ブラシを選んであげて、歯みがきタイムを楽しく演出しましょう。

大人が持つ「仕上げ磨き用歯ブラシ」の選び方

小さい子供の歯みがきは、大人の仕上げみがきがメインです。仕上げみがきの歯ブラシの選び方は次のポイントを押さえます。

  • ヘッドが小さい
  • 毛が柔らかい
  • 持ち手が長く大人が持ちやすい

ヘッドが小さければ、大人用でもよいと思うからもしれませんが、子供の口の中は傷つきやすいので、毛は柔らかい材質のものを使いましょう。また、奥まで毛先が届くように持ち手が長いものを選びます。小学生になると仕上げみがきをやめてしまう人が多いようですが、永久歯が生えそろうまで続けるのが理想的です。

<まとめ>

子供時代に虫歯を作らないためにも、ポイントを押さえた歯ブラシ選びをしましょう。また、1ヶ月に1度は交換するようにしましょう。


●当サイト内ページリンク