歯によい食べ物で虫歯予防

歯の健康によい食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。歯によい食べ物を知っておくと、虫歯予防にも役立ちます。

歯の健康によい食べ物

歯によい食べ物は、歯によい栄養素を含む食べ物と考えてよいでしょう。歯の原料となるカルシウム、エナメル質を強化するビタミンA、象牙質のつくるビタミンCを含む食べ物は歯を強くする食べ物です。特に永久歯が生えそろう時期までの成長期のお子さんには、意識的にカルシウムを含む食品を食べさせるとよいでしょう。

<歯の原料となるカルシウムを含む食べ物>
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、干しひじき、ごま、小松菜など
<エナメル質をつくるビタミンAを含む食べ物>
かぼちゃ、人参、レバー、卵、うなぎなど
<象牙質をつくるビタミンCを含む食べ物>
レモン、みかんなどの果物、ピーマン、パセリなど

また、歯の清掃をしてくれる“清掃性食品”もおすすめです。間接清掃食品は唾液が出やすい食品です。唾液は食べ物の停滞と酸性化を防いでくれるので、虫歯予防に役立ちます。直接清掃食品は繊維の多い食品で、噛むことで歯や粘膜の表面が清掃され、顎の発達も促します。

<唾液が出やすい間接清掃食品>
梅干し、酢の物など
<繊維が多い直接清掃食品>
ゴボウ、人参、レタス、セロリなど

虫歯になりにくいおすすめのおやつ

おやつの時間を楽しみにしているお子さんも多いと思います。「おやつは歯に悪いからダメ」と、楽しみを奪ってしまうのではなく、歯の健康を考えた虫歯になりにくいおやつを選ぶとよいでしょう。

<砂糖をあまり使っていないお菓子>
あられ、おせんべい、クラッカーなど
<歯にくっつかないもの>
ヨーグルト、プリン、ゼリーなど
<すぐに食べ終わることができるもの>
果物、チーズ、ナッツ類など

また、おやつは時間を決めて、食べた後は歯磨きをするのが理想です。もしも歯磨きがむずかしければできない場合は、水やお茶を飲むだけでも虫歯予防につながります。

まとめ

今回は歯によい食べ物とおやつをご紹介しました。毎日の食生活に取り入れて、歯の健康を維持しましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク