だらだら食べや糖分を含む食べ物は虫歯に悪影響

虫歯と食生活は切っても切れない関係です。甘い食べ物は虫歯を誘発するとされていますが、どうしてなのでしょうか。

虫歯のメカニズムと食べ物の関係

そもそも虫歯とは酸によって歯が溶ける病気です。口の中にはたくさんの菌がいますが、その中で虫歯の一番の原因となっているのが“ミュータンス菌”です。ミュータンス菌は食べ物の糖分によって活発に活動し、歯垢(プラーク)を形成します。歯垢をそのまま放置すると、ミュータンス菌を中心とする菌が酸を発生させ、その酸が歯を溶かすのです。
虫歯は「歯の質」、「歯垢(細菌)」、「糖分」この条件が揃い、その条件を満たす時間が長いほど発生しやすいと考えられています。甘いお菓子はもちろんですが、お米や他の食べ物にも糖分は含まれています。『ついつい間食をしてしまう』、『だらだらと食べてしまう』という習慣がある人は、口の中に糖がある状態を作り出してしまうので、虫歯にはよくありません。

口の中に糖分が長居する甘い食べ物は要注意

甘い食べ物はもちろん、歯の健康にはよくありません。ただ虫歯予防では、食べ物の糖分の量よりも口腔内停滞性が大きな問題となります。例えば、甘いチョコレートはお子さんも大好きなおやつの一つだと思います。しかし、チョコレートにはたくさんの糖分が含まれ、なおかつ歯にくっつきやすいので虫歯になりやすくなります。また、キャラメルや飴は、長い時間口の中に砂糖を入れておくことになるので、虫歯を誘発しやすくなります。
しかし、虫歯予防のために「全く甘いものを食べない」ということも難しいでしょう。糖分は私たちの体に必要な栄養素でもあります。糖分を含む食べ物は虫歯の原因になるということを頭の隅に置きながら、食べた後はしっかりと歯磨きをするなどして虫歯予防をしましょう。

まとめ

今回は食生活と虫歯、甘い食べ物と虫歯の関係についてご紹介しました。「むやみに間食をしない」、「甘いものを食べたら歯磨きをする」など基本的な予防法を怠らず歯の健康を保ちましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク