インプラントと歯周病


歯周病で歯が抜けても、インプラントがあるから大丈夫。
そんな風に思っている人はいませんか?
実は、インプラント治療において、歯周病はリスク要因の1つ。歯周病の程度によっては、そのままではインプラント治療が行えない可能性もあります。
では、どうしたらいいのでしょうか。
今回は、インプラントと歯周病についてのお話です。

インプラントとは

「インプラント治療」は、歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上からかぶせる治療方法です。事前に綿密に話し合い、術前・術後の処理やメンテナンスをしっかりと行うことで、抜群の機能性と審美性を長期間保つことができます。

治療期間は義歯やブリッジに比べてやや長めですが、残っている歯への負担が少なく、自分の歯(天然歯)に近い機能や色合いが得らるのが大きなメリットです。

歯周病のインプラント治療への影響

インプラント治療のメリット、デメリット」や「インプラントQ&A」で紹介しているように、歯周病はインプラントにとってリスク要因の1つです。

歯周病のインプラントに対する大きな影響は、2つあります。

1つは、インプラント残存率です。
歯周病を患っているかいないかで、インプラントの残存率は異なります。歯周病を患っている場合には、せっかく入れたインプラントの残存率が低くなってしまうのです。

もう1つは、インプラント周囲のトラブル発生率。
インプラント治療を行うと、「インプラント周囲炎」等のトラブルが発生する可能性があります。「インプラント周囲炎」は歯周病に類似した病気で、適切に対処しないとインプラント周囲の骨がなくなり、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまいかねません。
歯周病を患っていると、「インプラント周囲炎」の発生率が高くなり、結果的にインプラント残存率が低くなってしまいます。

まずは、歯周病の治療と適切なケアを

抜けた歯を補うものとして、インプラントはとても有益な選択肢です。しかし近年、インプラント周囲炎の患者数は増え続けていると言われています。原因の1つとして、歯周病を患っているにもかかわらず、その治療をせずにインプラント治療が進められてしまうケースの多いことが挙げられています。

歯が抜けてしまったら、以前と同じように嚙める状態に1日でも早く戻りたいですよね。しかし、歯周病を患ったままインプラントを進めることには大きなリスクがあります。せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまう率を下げるためにも、歯周病の治療をきちんと受けましょう。

終わりに

抜け落ちた歯に代わるものとして、医療技術の発展によりインプラントという素晴らしい手段を私たちは得ました。しかし、日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病であり、インプラント治療にとって歯周病は大きなリスクであるという現実に向き合わなければなりません。

まずは歯周病にならないように、日常のお手入れや定期診査をしっかり行っていきましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

●外部リンク