歯周病とタバコ(喫煙)

タバコのイメージ

歯周病には喫煙の習慣が大きく影響します。
タバコは肺や気管に悪いもの、というイメージをなんとなく持っていませんか?
でも実は、歯周病と喫煙には深い関係があるのです。

タバコは口の中でも害となる

「タバコは体に良くない」ということは、現代ならばほとんどの人が知っている事実です。しかし、タバコが歯周病にも悪影響を与えることについても知っている人は、それほど多くはないかもしれません。

歯周病には、二つの大きな危険因子があります。
1つは「糖尿病」。このコラムでもご紹介したことがあります。(「歯周病と糖尿病 〜健康長寿につながる歯周病の治療と予防〜」

もう1つが「喫煙」です。

喫煙と歯周病は密接に関連していて、歯周病にかかる危険性が、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇するという研究結果もあります。

喫煙の歯周病への影響

タバコを吸う人は、

  • 歯周病にかかりやすい
  • 歯周病の症状がひどくなりやすい
  • 歯周病を治療しても治りにくい

ということがわかっています。

タバコの何がどのように影響してそうなるのか、主な要因をいくつかご紹介します。

タバコの成分が歯周病の原因を引き寄せる

タバコには何千種類もの有害な物質が含まれており、その一部が「タール」として歯の表面に残ります。タールは普通の歯磨き程度では落としにくく、歯は常にザラザラして歯周病の原因となる歯垢、歯石が付きやすい状態となります。

タバコは免疫の機能を狂わせる

タバコが含むニコチンをはじめとした成分は、免疫の機能を低下させるので、タバコを吸うと病気に対する抵抗力が落ちます。歯周病の原因菌に対しても抵抗力が落ちます。

喫煙していると、歯周病の発症や進行に気づきにくい

タバコが含むニコチンには血管を収縮させる作用があり、歯肉の血流量が減少します。そのため、歯茎で炎症が起きていても、歯周病の症状が進行しても、喫煙の習慣があると歯肉から出血しにくくなります。また、喫煙による歯茎への色素沈着もあって、歯周病の症状が分かりにくくなります。
そのため歯周病の発症や進行の自覚が遅れ、症状をさらに進行させることになります。

歯肉がうまく作られなくなる

タバコを吸うと、傷を治そうとして組織を作る細胞の働きを抑え、歯肉の組織が作られにくくなっていきます。すると、歯周ポケットが作られやすく、またより深くなっていきます。このことが歯周病をより進行させてしまいます。
喫煙していると治療しても治りづらく、手術後の治りも悪いため、歯周病治療にあたっては禁煙が強く勧められます。

まとめ

タバコは口の中や歯に大きな影響を与えますが、禁煙して悪いことは一つもありません。
歯周病予防になるのはもちろん、既に進行した歯周病であっても治療の成果が出やすくなり、また歯の喪失が抑えられることも明らかになっています。
ぜひ卒煙して、お口の健康を取り戻しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク