インプラントの歴史

古代エジプト文明に見られる、インプラントの起源

マヤ族の女性の前歯がインプラント!?

古代エジプトでは、死者の歯の抜けた部分に象牙や宝石などを埋め込んで埋葬していたと言われています。それは単なる装飾品という目的のほかに、死後の世界でもきちんと噛めるようにとの願いもあったのかもしれません。もしかしたら当時より「歯を失うことは不便な生活を強いられる」という認識があったのではないかと思われる、興味深い言い伝えです。それらを裏付けるかのように、マヤ文明・インカ文明・アステカ文明などの遺跡からも、同じように歯の代わりに貝殻を埋め込んだミイラ等が発見されています。また、実際に口の中で機能したと考えられる最古のインプラントは、マヤ族の20代の女性の前歯部分に埋め込まれた二枚貝の貝殻を加工したもので、紀元7世紀頃のものと推定されています。

現代においてもまだまだ新しいと思われているインプラント治療ですが、これらの長い歴史を鑑みると、実は歯科医療におけるひとつの大きなテーマとして太古の昔より捉えられている治療法だと言っても過言ではないのです。

インプラントの歴史、マヤ文明のイメージ画像

インプラントの基礎確立

ネジ式インプラント、チタンインプラントの誕生

現在行われているインプラント治療の礎となったのは、約100年ほど前に、ヨーロッパの歯科医が歯の抜けた穴に植立した「スパイラルシャフト」と呼ばれるインプラントや、他のネジ式のインプラントです。しかし、しっかりと顎の骨に埋まる材質とは限らなかったため、ごく少数の人にしか使われていないのが現状でした。

しかし1952年にスウェーデンのブローネマルク教授によって、現在のインプラント材の主流になっているチタンの特性が発見されたのを契機に、さまざまな角度から研究・臨床実験が進み、オッセオインテグレーテッド(=骨に接合した)インプラントの科学的根拠にもとづく確実性も立証されました。つまり人間の体——特に骨は、チタンの生体親和性を認識することが証明されたのです。ブローネマルク教授の発見は、現在の技術へとつながるチタン製インプラントの基礎が確立されるに至った、まさに歴史的快挙といえるでしょう。

インプラントの歴史、スウェーデンのイメージ画像

インプラントがさらに進化

ハイドロキシアパタイトコーティングの登場

そして、現代のインプラントはさらに進化を遂げました。

人工歯根の素材として主流になっているチタンは、生体親和性が高いことが分かったものの、治療に要する期間が半年〜1年と非常に長いため、患者さんの身体への負担が大きいことが課題となっていました。そこで多くの開発者たちは、治療期間を短縮した上で顎の骨との接合をより強固なものとするために、新しいインプラントを生み出そうとあらゆる能力を駆使し、研究を重ねました。その結果「インプラント材の顎骨に埋める部分(歯根部)に人間の骨成分でもあるHA(ハイドロキシアパタイト)という生体材料をコーティングしたものは、骨と結合しやすく、チタンだけのインプラントに比べて接合までの期間が飛躍的に短縮される」ということが分かったのです。

HAを作るにはさまざまな方式がありますが、一般的には「プラズマ溶射方式」にて作られることが多いです。しかし、そのままでは本来のHAとしての機能(=結晶性)が低いものが多く、生体材料を使っていると謳っている反面、実態は名ばかりなものまで出てきたため、HA本来の結晶構造を再度取り戻したインプラントを作ることが開発者たちの新たな課題となっていきました。

現在の最先端インプラントへ

AQB歯根部の再結晶化HA

AQBインプラントは、後処理に「水熱処理」という工程を行うことで、非常に結晶度の高い再結晶化HAの開発に成功しました。これにより、バイオテクノロジーに裏付けされた理想的な結晶構造を有しつつも、顎の骨との接合が画期的なスピードで実現するようになったのです。今までは治療期間が平均で半年〜1年ほどかかるのが当たり前とされていたのが、半分以下の1〜2ヶ月で終わったという症例が数多く報告されていることからもわかるように、患者さんの身体への負担はかなり軽減する結果がうまれました。

さらに、歯肉に当たる部分(支台部)にも「歯肉接着生体高親和性処理(=水熱処理)」の工程を加えることで歯肉との親和性も高め、手術時に心配される感染の危険性を最小限にとどめる工夫も施しています。こうしてAQB(Advanced Quick Bonding)は、最先端の生体材料により、理想的なインプラントとしての地位を確立したといえるでしょう。

またAQBインプラントは、常に「Simple is the Best!」の視点に立ち、品質だけではなく経済性・安全性も追及し、単純構造でありながらも高機能・高品質を実現しました。「外国製・複雑な構造・高価」なものを選べば大丈夫、というブランド概念は終わりを告げるとともに、国民インプラント時代の扉を開けたといっても過言ではありません。

高齢化社会といわれて久しい今、“噛めること”はもちろん、長期にわたってより一層美しい歯でいられることへの関心度が高まっています。そのような中でインプラントを使うということは、もはや現代歯科医療にとって不可欠の選択肢といえるのです。

インプラントの歴史、元気な高齢者のイメージ画像