歯周病について

歯を失う原因の1つ、歯周病について

そもそも「歯周」とは、どこを指しているのか

歯周とは、歯ぐき(歯肉)、歯槽骨(あごの骨)、歯のセメント質、歯根膜(セメント質と骨を結ぶ膜)を指します。

歯周が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯を支える歯ぐきと歯槽骨が破壊される病気を「歯周病」と呼びます。虫歯でなくても歯がグラグラと揺れたり、歯ぐきの痛みや腫れを感じたりする場合は、すでに歯周病が進行していることも。初期段階は痛みを感じない人も多いため、悪化しやすいのも特徴です。

しかし、治療をせず放置しておくと、やがて健康な状態に戻すことはほぼ不可能となり、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうという大変恐ろしい病気なのです。

歯周病のチェック

歯の喪失原因の9割は、口腔内の二大疾患である虫歯と歯周病が占めると言われています。

予防のためのセルフチェックを含め、万が一歯周病の疑いがあるときは、なるべく早く正しい治療を受けることが大切です。

病気の進行によって症状の特徴もいろいろありますので、下記の「歯周病チェック図」のなかに現在気になっている症状が見つかったら、すぐに受診することをお勧めします。

レベル 主な症状
初期(歯肉炎) ・歯を磨くと時々血が出る
・歯肉に赤いところがある
中程度(歯肉炎) ・歯を磨くと血が出る
・歯が浮く感じがする
・歯肉がかゆくなる
中期(歯周菌) ・歯肉が時々赤くはれて痛む
・歯肉から血や膿が出ることがある。
・口臭が出る
・歯が移動する
・冷たいものの飲食で歯がしみる
・噛みにくい食べ物がある
末期(歯周炎) ・歯がグラグラする
・歯肉がブヨブヨして血や膿が出る
・口臭がひどい
・食べ物が噛みづらい

歯周病の進行

上記のレベルに合わせて治療方法や改善方法を見出していくのが一般的ですが、やはり初期段階での発見・治療がカギとなります。たとえば初期のころに軽い出血が認められても、歯槽骨に影響が出ていなければ、正しいブラッシング法で歯と歯ぐきをケアするだけで改善されることもあります。

しかし、歯垢(プラーク)を放置していると、歯と歯ぐきの間の狭い溝(歯肉溝)に付着して徐々に歯周が破壊されていきます。よく「歯周ポケット」という言葉を聞くと思いますが、これは通常1〜2mmの歯肉溝が炎症を起こして組織が破壊された結果、溝が深くなってしまったものを指します。

この深度が進むと、歯がぐらついてきてしまうことも。それでも痛みを感じないこともあるのが、歯周病の恐ろしいところです。歯槽骨が溶けて歯垢がびっしりついた状態になると、処置はもう不可能。もう歯を抜くしかありません。

日本における歯周病患者の割合

日本の成人の約8割が歯周病にかかっているといわれるほど、もはや「国民病」と言っても過言ではありません。

口の中には300種類以上の細菌がいますが、きちんとケアをしている人でも500億、ケアを怠っている人は1兆個以上の菌が生きています。

空気に触れないところが好きな歯周病菌にとって、歯周ポケットは格好の繁殖地。悪玉細菌にとりつかれると、口腔内だけではなく、全身の病気へとつながっていくので要注意です。

歯周病と他の持病との関係

歯周病は、その人がり患している他の病気と結びついて、さらに症状を悪化させる一因にもなるといわれています。歯周病菌が血管を通じて体中を回りながら増殖すると、血流が阻害されて血栓ができやすくなります。すると、糖尿病や心臓疾患、脳疾患などのリスクが高まることも。

特に糖尿病は、免疫力を低下させて歯周病を悪化させることもあるので注意が必要です。また、妊婦が歯周病にかかっていると、歯周病菌の出す有害物質が血液中に入り込むことで子宮が収縮し、早産や低体重児出産にもなりかねないことが分かっています。

これらの悪循環は、歯周病菌が血液より入り込みやすいこと、他の菌と反応してしまうことが影響しています。たとえばバージャ—病(閉塞性血栓血管炎)という手足の血管が閉塞をきたす国の指定難病がありますが、これは手足に血液が供給できなくなり、低酸素状態になって青黒く変色、しびれや痛みの症状を引き起こします。

このバージャ—病患者の多くは喫煙歴があり、かつ歯周病菌を保有している人が多いのではないかと言われているのです。そして、胃潰瘍や胃がんの原因のひとつとされるピロリ菌と歯周病菌が反応を起こすと、胃の疾患と歯周病が同時に悪化していくケースも報告されています。

つまり、歯周病を治療・予防することは、他の病気の治癒を妨げないことにもつながるのです。

歯周病を予防するには

歯周病の原因はいろいろありますが、先ほど述べた他の病気との関連性とあわせて、喫煙や加齢による免疫力の低下や歯並び・噛みあわせ、過去の修復箇所にできたすき間などが挙げられます。なかでも喫煙者は、ニコチンなどの有害物質が歯周組織を傷つけ、歯垢(プラーク)が付きやすくなります。しかも症状の進行が非喫煙者と比べて7倍も早いので、禁煙を強くお勧めします。

自己診断では歯周病の有無が分かりにくいので、元凶と言える歯垢(プラーク)のこまめな除去、症状がなくても歯科医師に歯の定期チェックを受けるなどの対策が重要です。口腔内を清潔に保ち続けるとともに、健康な生活を心がけ、免疫力を高めることも大切です。

そして万が一歯周病にかかっていることが分かったら、速やかに治療を受けなくてはなりません。修復の他にも、噛みあわせのチェックや治療後のメンテナンス指導なども受けられるところがありますので、まずは歯周ポケットのチェックや歯石除去をきっかけとして、歯科医院を訪れてみてはいかがでしょうか。