虫歯について

歯を失う原因の1つ、虫歯(う蝕)について

虫歯(う蝕)は自覚症状のない軽度のものから、抜歯せざるをえない重度のものまで症状はさまざま。そして残念ながら「虫歯かな?」と思う兆候を見つけたら、早めに歯科を訪れていただくことが大切です。

毎日の歯みがきが重要なのはいうまでもありませんが、それでも磨き残しや手の届かない部分など、虫歯は歯のあらゆるところに発生する可能性があります。

ここでは、虫歯とはどのようなものなのか、特徴とあわせて説明します。

そもそも「虫歯」って?

通常、口の中では唾液がpH値(アルカリ性と酸性とのバランスを示す値)を中性に保つ働きをしています。食べかすなどに含まれる糖分が口の中に長時間残っていると、細菌はそれらをエサにpH値を下げ、酸性を高め、歯のエナメル質を溶かします。

これは虫歯になりかけの状態ですが、カルシウムやリン酸を含んだ唾液が、溶けかけた歯があると修復しようとします(再石灰化)。

しかし過剰な糖分の摂取が続いたり、pH値のバランスが崩れたりすると再石灰化せずに細菌の出す酸により歯質が崩壊します。これが虫歯の状態です。

虫歯は「疾病」です

歯に付着した歯垢(プラーク)を歯みがきなどで取り除くことで、口の中はある程度の清潔を保てます。しかし虫歯は、歯の間や奥歯、歯面の溝など、歯みがきで磨きにくい部分に発生しやすいのも事実。

さらに、それらを放置しておくと症状は進行し、生活にも支障をきたすほど悪化する場合もあります。また、他の病気を引き起こす原因にもなりえるので注意が必要です。

たかが虫歯と放置せず、ひとつの「病気」と捉えて早めの受診を心がけましょう。

虫歯の特徴

多くの日本人は生涯のうちに一度は虫歯を経験するといわれています。自然治癒をせず、痛みも伴うことが多いのですが、ゆっくりと進行するために自覚症状から受診までに時間がかかることが多いようです。

子どもから大人まで、あらゆる年代でみられる疾患といえます。特に子どもは乳歯から永久歯の生え変わり、成長途中などの各段階で口の中が変化するため、虫歯にかかりやすいと言われています。患部の歯質を削り取って専用の材料を充てんしたり、神経を取り除いたり抜歯するなど、元の健康な歯の状態に戻れないのも特徴のひとつ。

だからこそ適切な治療以前に、いまある歯を虫歯から守る必要があると言えます。

主な虫歯の治療方法

進行状況や年齢層によって治療方法はさまざまですが、再石灰化が期待できるような歯の表面(エナメル質)のみの虫歯ならば、削らずに経過観察をすることもあります。

もちろん、その間も歯みがきをはじめとしたケアの継続は言うまでもありません。エナメル質が割れてしまい穴が開いた状態になってしまうと、自然治癒はないので、虫歯の部分を削り取り、レジンと呼ばれる合成樹脂を詰めるという治療をします。これはエナメル質や象牙質までの範囲の虫歯に用いられます。

ある程度範囲の大きいものに関しては、型を取って歯の模型を作り、これらを利用して詰め物やかぶせるものを作製して歯に詰めます。

むし歯の範囲が歯髄まで達してしまった場合は、いわゆる「神経を抜く」といわれる、抜髄を行います。これらは根管治療とも呼ばれ、歯髄の入っていた穴をきれいにし、詰め物を詰めて感染等を防ぎます。一般的にはその穴に金属やレジンで土台をたてて、その土台の上にかぶせ物をするという治療を「差し歯にする」と表現することがあります。入れ歯と違い「歯を抜くことなく、自分の歯を利用してかぶせ物をする」のが特徴です。

予防歯科に対する日本と外国の意識の違い

欧米の人々は歯が美しい人が多いと言われています。歯質そのものも違いますが、海外では予防やケアに重点をおいている文化が存在します。国によっては医療費がとても高いところもあるため、よりいっそう日頃のケアを大切にしているのかもしれません。

日本は保険診療制度がありますから、虫歯などのトラブルがあっても治せば大丈夫、という考え方が一般的です。「日常生活に支障がでたら歯科に行こう」と思っている人も、残念ながら少なくありません。

理想的なのは、年齢を重ねても虫歯がないお口の環境を維持することなのです。歯科を訪れる理由がトラブルではなく、定期健診としてのデンタルチェックであることを目指しましょう。

予防法を組み合わせることが重要

むし歯が発生しやすい歯の部分は、臼歯の溝や前歯の裏側、歯と歯の間、歯ぐきに近い部分です。これらの部位のプラークは、除去することが難しいと言われています。

子どもの場合は特に歯みがきだけではうまくフォローできないことが多いので、歯質を強化するフッ化物配合の歯みがき剤や歯の溝を埋めるシーラントで予防することが重要です。

しかしシーラントや歯みがきををしていれば大丈夫、とは限りません。糖分摂取の制限など、他の予防法と組み合わせることで効果を発揮します。それは、歯ブラシの届く場所のむし歯は歯みがきで防げますが、最もむし歯になりやすい部位のむし歯は歯みがきでは防げないからです。

主要参考資料:厚生労働省 e-ヘルスネット むし歯