高齢になると虫歯が増える?知っておきたい高齢期のお口の事情

老夫婦イメージ画像

虫歯は子供がなるもの、とどこかで思っていませんか?
実は高齢になると、子供とは異なる理由で虫歯になりやすくなってしまうこともあるんです。
高齢ならではの虫歯の傾向・特徴とその対策を知って、歯を長持ちさせましょう。

高齢になると虫歯が増える?

高齢期の虫歯の大きな要因として、

  1. エナメル質の減退
  2. 根面の露出
  3. 唾液の減少

の3つがあります。
では、なぜそのような状態になるのでしょうか。

1.エナメル質の減退

健康な歯は通常、硬いエナメル質に覆われています。しかし年齢を重ねるにつれてエナメル質は減り、虫歯になりやすくなっていきます。エナメル質が減る理由としては、脱灰や歯ぎしり等があります。

2.根面の露出

加齢に伴って歯周病になりやすくなります。歯周病が進むと歯茎が下がり、本来歯茎に隠れている歯の根元の部分が露出してしまいます。間違った歯磨き方法で歯茎が下がることもあります。歯の根は酸に弱く虫歯になりやすい箇所です。

3.唾液の減少

病気や薬の副作用、噛む力の衰え、自律神経のアンバランス等、加齢に伴って唾液が出にくくなります。唾液の分泌が減ると、口の中の洗浄力が落ちてしまい、虫歯になります。

高齢期の虫歯、予防するには?

1.フッ化物(フッ素)を利用

歯のエナメル質を突破した虫歯は一気に進行します。エナメル質をできるだけ丈夫に保つには、フッ化物(フッ素)の利用がおすすめです。フッ素にはプラーク(歯垢)細菌の酸産生を抑制する働きもあり、根面の虫歯予防にも有効です。
フッ素入りのジェル・歯磨き剤や・洗口液等を日常の口腔ケアに取り入れましょう。

2.唾液の分泌量を増やす

唾液の分泌量を増やしすには、いくつか方法があります。以下のようなことを習慣にして、唾液を出やすくしましょう。

  • よく噛んで食べる
  • 口や舌を動かす、ガムを噛む
  • 唾液腺マッサージ
  • 副交感神経を優位に

3.歯科クリニックで定期検診、クリーニング

エナメル質を突破した虫歯は一気に進行するので、虫歯の予防と早期治療がとても大切。定期的に歯医者さんで歯科検診を受けて口の中の状態をチェックし、必要に応じてクリーニングをしてもらいましょう。定期的なケアで口の中を清潔な状態に保つことができますし、もし虫歯になったとしても、早期発見・早期治療が可能となります。
定期検診、クリーニングは歯周病予防にも効果的。歯周病ケアもしっかり行って、根面の露出を最小限に抑えましょう。

まとめ:虫歯を減らして健康長寿!

歯が多く残っているなど口腔機能を維持できていることが、認知症をはじめ要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を伸ばせる可能性があると考えられています。防げる虫歯は防いで健康長寿を目指しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

当クリニックはバリアフリーです。車椅子でもそのままお入りいただけます。
高齢の方でも座りやすい、新型の診療台もご用意しております。
当クリニックのバリアフリーについて

●外部リンク

症例13:ドックベストセメント(40代男性)

治療前
奥歯にう蝕(虫歯)があります。
冷たいものがしみる状態です。
症例13(ドックベストセメント)の画像1

抜歯に恐怖感があり、仕事の都合上何度も歯科クリニックに通えない。
そのような状況であることから、1回の処置で終了する、削らない・痛くないドックベストセメントを選択されました。

治療後
症例13(ドックベストセメント)の画像2

痛くなくて、歯を削らずに虫歯が治る、理想の治療「ドックベストセメント療法」について、詳しくはこちら→

症例12:ドックベストセメント(20代女性)

治療前
矢印の先に茶色い穴があります。
詰め物の下に虫歯ができています。
症例12(ドックベストセメント)の画像2

症例12(ドックベストセメント)の画像2

・お子様が小さいため通院が難しい
・母乳をあげているため麻酔を避けたい
このような事情があり、ドックベストセメントで処置することになりました。

治療後
症例12(ドックベストセメント)の画像3

症例12(ドックベストセメント)の画像4

痛くなくて、歯を削らずに虫歯が治る、理想の治療「ドックベストセメント療法」について、詳しくはこちら→

歯を削る治療のデメリットについて

虫歯の画像

歯が虫歯になったので、歯医者さんに行って歯を削り、詰め物をする。
日本では長年これが標準的な治療であり、多くの人がこの経験をしたことがあると思います。

しかし、歯は削って詰め物をしてしまうと虫歯が再発する可能性が極めて高く、多くの場合においては結果的に歯の寿命を縮めてしまうことになっていました。

歯を削ると、歯の寿命が縮まる。
これはなぜでしょうか。

虫歯を削った後〜抜歯まで

歯を削って詰め物をする

詰め物と歯との境から虫歯が再発しやすくなる

詰め物と歯との境での虫歯の再発を繰り返し、詰め物が大きくなる

神経を抜き、詰め物では済まなくなり、被せ物をする

被せ物が取れる

治療ができない状態になり抜歯、歯を失う

歯を削ると、このようなサイクルで歯はダメになっていきます。
また、歯を削っているとき歯にヒビが入ることがあります。歯が折れたり割れたりして歯を失うことになるのです。

削る虫歯治療のデメリット

  • 歯を削るのが怖い・痛い
  • 歯を削る音が嫌
  • 神経が死にやすくなる
  • 歯が折れやすくなる
  • 虫歯が再発しやすい
  • 来院回数が多くなりがち
  • プラスチックの詰め物は壊れやすい
  • 詰め物が変色する
  • 劣化等で銀歯が取れやすい
  • 銀歯で金属アレルギーになることがある

歯を削る治療には保険が適用されるので、費用面では安く済みますが、それ以外のメリットは実はほとんどありません。そのため、虫歯治療の技術は、できるだけ歯を削らずに虫歯を治療する方向に進んでいます。また当院では、そもそも虫歯にならないようにする「予防」に力を入れています。

みなさんにとって、虫歯を削る治療が当たり前でなくなることを願っています。

【サイト内リンク】
・当クリニックの痛くない・削らない虫歯治療「ドックベストセメント」について→
・虫歯にならないようにする、「予防歯科」について→

【虫歯・歯周病予防のホームケア】「POIC(ポイック)ウォーター」を使う歯磨きの方法

歯科医院でしか処方していない洗口液「POICウォーター(エピオスウォーター)」の使い方をご紹介します。

当井出歯科クリニックでは、

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 口臭

が気になる方のホームケアに、「POICウォーター」をおすすめしています。

POICウォーターについて、詳細はこちら
虫歯や歯周病の予防、口臭の予防に「口腔洗浄液」の新習慣


POICウォーターを使う歯磨きの方法

「POICウォーター(ポイックウォーター・エピオスウォーター)」の写真

  1. POICウォーターを口に含む
    ボトルの中の原液をキャップのメモリで10〜15ccを口に含む。
    または、キャップのメモリで10〜15ccを、ぬるま湯で倍程度に薄めて口に含む。
    ※原液の味が気になる場合に限って、ぬるま湯で薄めるようにしてください。基本は原液です。
  2. うがいをする
    1.を口に含んだ状態で、グチュグチュとうがいをする。
    30秒くらいの間しっかりと水流を起こして、歯と歯の間まで水が通るくらい徹底して口の中を洗う。
    この時、「うわぁ、塩素系(プール)の臭い/味がする!!」と思うかもしれませんが、これはお口の中のたんぱく質汚れが洗浄される時にできる気体の臭いです。汚れが多ければ多いほど臭いが強く、綺麗であれば臭いは薄れていきます。薬品の臭いではないので、体に害はありません。ご安心を!
  3. 歯磨き
    なるべく1.を口に含んだまま、歯ブラシや歯間ブラシなどで歯と歯茎の間に入れ込むようにして磨く。
  4. すすぐ
    水で口をすすいで、おしまい。
  5. 仕上げのマッサージ
    できれば、仕上げに「オーラループ」でマッサージ。
    歯に汚れがつきにくくなって、歯面はツルツル・ピカピカ!
    さらに、歯肉・骨を元気にし、抗菌作用で歯周病菌を抑えます。

POICウォーター(エピオスウォーター)の
★使う頻度について

朝・昼・晩と、1日に3回「うがい磨き」をすると効果的です。
忙しい時には、寝る前だけでも必ずしましょう。

★保管について

使用後はキャップをきちんと閉めて、常温で保管します。
日の当たる場所には置かないようにしてください。

★販売について

ご家庭でのオーラルケア・ホームケア用品として、当院受付にて販売しています。
不明点や、もっと知りたいこと等ありましたらお気軽にご質問くださいませ。


当クリニックでは予防歯科に力を入れています。
お気軽にお問い合わせください。
ご予約・お問い合わせ: 045-933-4182
アクセス・診療時間