歯によい食べ物で虫歯予防

歯の健康によい食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。歯によい食べ物を知っておくと、虫歯予防にも役立ちます。

歯の健康によい食べ物

歯によい食べ物は、歯によい栄養素を含む食べ物と考えてよいでしょう。歯の原料となるカルシウム、エナメル質を強化するビタミンA、象牙質のつくるビタミンCを含む食べ物は歯を強くする食べ物です。特に永久歯が生えそろう時期までの成長期のお子さんには、意識的にカルシウムを含む食品を食べさせるとよいでしょう。

<歯の原料となるカルシウムを含む食べ物>
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、干しひじき、ごま、小松菜など
<エナメル質をつくるビタミンAを含む食べ物>
かぼちゃ、人参、レバー、卵、うなぎなど
<象牙質をつくるビタミンCを含む食べ物>
レモン、みかんなどの果物、ピーマン、パセリなど

また、歯の清掃をしてくれる“清掃性食品”もおすすめです。間接清掃食品は唾液が出やすい食品です。唾液は食べ物の停滞と酸性化を防いでくれるので、虫歯予防に役立ちます。直接清掃食品は繊維の多い食品で、噛むことで歯や粘膜の表面が清掃され、顎の発達も促します。

<唾液が出やすい間接清掃食品>
梅干し、酢の物など
<繊維が多い直接清掃食品>
ゴボウ、人参、レタス、セロリなど

虫歯になりにくいおすすめのおやつ

おやつの時間を楽しみにしているお子さんも多いと思います。「おやつは歯に悪いからダメ」と、楽しみを奪ってしまうのではなく、歯の健康を考えた虫歯になりにくいおやつを選ぶとよいでしょう。

<砂糖をあまり使っていないお菓子>
あられ、おせんべい、クラッカーなど
<歯にくっつかないもの>
ヨーグルト、プリン、ゼリーなど
<すぐに食べ終わることができるもの>
果物、チーズ、ナッツ類など

また、おやつは時間を決めて、食べた後は歯磨きをするのが理想です。もしも歯磨きがむずかしければできない場合は、水やお茶を飲むだけでも虫歯予防につながります。

まとめ

今回は歯によい食べ物とおやつをご紹介しました。毎日の食生活に取り入れて、歯の健康を維持しましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

だらだら食べや糖分を含む食べ物は虫歯に悪影響

虫歯と食生活は切っても切れない関係です。甘い食べ物は虫歯を誘発するとされていますが、どうしてなのでしょうか。

虫歯のメカニズムと食べ物の関係

そもそも虫歯とは酸によって歯が溶ける病気です。口の中にはたくさんの菌がいますが、その中で虫歯の一番の原因となっているのが“ミュータンス菌”です。ミュータンス菌は食べ物の糖分によって活発に活動し、歯垢(プラーク)を形成します。歯垢をそのまま放置すると、ミュータンス菌を中心とする菌が酸を発生させ、その酸が歯を溶かすのです。
虫歯は「歯の質」、「歯垢(細菌)」、「糖分」この条件が揃い、その条件を満たす時間が長いほど発生しやすいと考えられています。甘いお菓子はもちろんですが、お米や他の食べ物にも糖分は含まれています。『ついつい間食をしてしまう』、『だらだらと食べてしまう』という習慣がある人は、口の中に糖がある状態を作り出してしまうので、虫歯にはよくありません。

口の中に糖分が長居する甘い食べ物は要注意

甘い食べ物はもちろん、歯の健康にはよくありません。ただ虫歯予防では、食べ物の糖分の量よりも口腔内停滞性が大きな問題となります。例えば、甘いチョコレートはお子さんも大好きなおやつの一つだと思います。しかし、チョコレートにはたくさんの糖分が含まれ、なおかつ歯にくっつきやすいので虫歯になりやすくなります。また、キャラメルや飴は、長い時間口の中に砂糖を入れておくことになるので、虫歯を誘発しやすくなります。
しかし、虫歯予防のために「全く甘いものを食べない」ということも難しいでしょう。糖分は私たちの体に必要な栄養素でもあります。糖分を含む食べ物は虫歯の原因になるということを頭の隅に置きながら、食べた後はしっかりと歯磨きをするなどして虫歯予防をしましょう。

まとめ

今回は食生活と虫歯、甘い食べ物と虫歯の関係についてご紹介しました。「むやみに間食をしない」、「甘いものを食べたら歯磨きをする」など基本的な予防法を怠らず歯の健康を保ちましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

高齢になると虫歯が増える?知っておきたい高齢期のお口の事情

老夫婦イメージ画像

虫歯は子供がなるもの、とどこかで思っていませんか?
実は高齢になると、子供とは異なる理由で虫歯になりやすくなってしまうこともあるんです。
高齢ならではの虫歯の傾向・特徴とその対策を知って、歯を長持ちさせましょう。

高齢になると虫歯が増える?

高齢期の虫歯の大きな要因として、

  1. エナメル質の減退
  2. 根面の露出
  3. 唾液の減少

の3つがあります。
では、なぜそのような状態になるのでしょうか。

1.エナメル質の減退

健康な歯は通常、硬いエナメル質に覆われています。しかし年齢を重ねるにつれてエナメル質は減り、虫歯になりやすくなっていきます。エナメル質が減る理由としては、脱灰や歯ぎしり等があります。

2.根面の露出

加齢に伴って歯周病になりやすくなります。歯周病が進むと歯茎が下がり、本来歯茎に隠れている歯の根元の部分が露出してしまいます。間違った歯磨き方法で歯茎が下がることもあります。歯の根は酸に弱く虫歯になりやすい箇所です。

3.唾液の減少

病気や薬の副作用、噛む力の衰え、自律神経のアンバランス等、加齢に伴って唾液が出にくくなります。唾液の分泌が減ると、口の中の洗浄力が落ちてしまい、虫歯になります。

高齢期の虫歯、予防するには?

1.フッ化物(フッ素)を利用

歯のエナメル質を突破した虫歯は一気に進行します。エナメル質をできるだけ丈夫に保つには、フッ化物(フッ素)の利用がおすすめです。フッ素にはプラーク(歯垢)細菌の酸産生を抑制する働きもあり、根面の虫歯予防にも有効です。
フッ素入りのジェル・歯磨き剤や・洗口液等を日常の口腔ケアに取り入れましょう。

2.唾液の分泌量を増やす

唾液の分泌量を増やしすには、いくつか方法があります。以下のようなことを習慣にして、唾液を出やすくしましょう。

  • よく噛んで食べる
  • 口や舌を動かす、ガムを噛む
  • 唾液腺マッサージ
  • 副交感神経を優位に

3.歯科クリニックで定期検診、クリーニング

エナメル質を突破した虫歯は一気に進行するので、虫歯の予防と早期治療がとても大切。定期的に歯医者さんで歯科検診を受けて口の中の状態をチェックし、必要に応じてクリーニングをしてもらいましょう。定期的なケアで口の中を清潔な状態に保つことができますし、もし虫歯になったとしても、早期発見・早期治療が可能となります。
定期検診、クリーニングは歯周病予防にも効果的。歯周病ケアもしっかり行って、根面の露出を最小限に抑えましょう。

まとめ:虫歯を減らして健康長寿!

歯が多く残っているなど口腔機能を維持できていることが、認知症をはじめ要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を伸ばせる可能性があると考えられています。防げる虫歯は防いで健康長寿を目指しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

当クリニックはバリアフリーです。車椅子でもそのままお入りいただけます。
高齢の方でも座りやすい、新型の診療台もご用意しております。
当クリニックのバリアフリーについて

●外部リンク

症例13:ドックベストセメント(40代男性)

治療前
奥歯にう蝕(虫歯)があります。
冷たいものがしみる状態です。
症例13(ドックベストセメント)の画像1

抜歯に恐怖感があり、仕事の都合上何度も歯科クリニックに通えない。
そのような状況であることから、1回の処置で終了する、削らない・痛くないドックベストセメントを選択されました。

治療後
症例13(ドックベストセメント)の画像2

痛くなくて、歯を削らずに虫歯が治る、理想の治療「ドックベストセメント療法」について、詳しくはこちら→

症例12:ドックベストセメント(20代女性)

治療前
矢印の先に茶色い穴があります。
詰め物の下に虫歯ができています。
症例12(ドックベストセメント)の画像2

症例12(ドックベストセメント)の画像2

・お子様が小さいため通院が難しい
・母乳をあげているため麻酔を避けたい
このような事情があり、ドックベストセメントで処置することになりました。

治療後
症例12(ドックベストセメント)の画像3

症例12(ドックベストセメント)の画像4

痛くなくて、歯を削らずに虫歯が治る、理想の治療「ドックベストセメント療法」について、詳しくはこちら→