インプラント治療のメリット、デメリット

インプラント治療のメリット

「インプラント治療」は、歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上からかぶせる治療方法ですが、ここではインプラント治療することで得られるメリットを詳しく解説します。

他の歯への影響が少ない

入れ歯やブリッジなどの治療法は、抜けた歯の周囲の歯にまで影響を及ぼします。健康な歯であっても削らなければならなかったり、抜けた歯の部分を支えることで負担が増したりするリスクにより、その歯自身の健康まで損なわないようにする注意が必要です。しかしインプラントは抜けた部分に人工歯根を埋めるため、力がかかる部分はその1点のみとなります。よって、周囲の歯はそのまま保てるので影響が少なくて済みます。

人工歯根のメリット

しっかりと固定された人工歯根は、他の治療法よりも安定した噛み合わせ、噛み砕く能力を長期間にわたってもたらし、噛みごこちも天然の歯に近くなります。歯を失った箇所は通常顎骨の成分が徐々に減っていきますが、咀嚼(そしゃく)が可能になることで刺激となり、口腔内の老化を遅らせることができるのも利点です。

天然の歯にみせる技術も魅力的

人工の歯をかぶせることで見た目がとてもきれいになる(審美性が上がる)のはもちろんのことですが、ご自身の歯の色や形にも合わせることが可能なので、より自然な感じに仕上がります。1本だけ浮いて見えるようなことがないように調整しますので、まるで元からあったかのようになるのも大きな魅力です。

好影響は他にも

入れ歯のように取り外しをする必要がないのはとても便利。その上、しっかりと噛めることで脳の働きも活性化されます。味覚・発音も治療前より安定します。

アフターケア

インプラント治療が完了すると同時にメンテナンスがスタートするといっても過言ではありません。定期的に適切なケアをすることで、長く維持できる確率が上がるのです。インプラントでの治療を選択肢に入れるときは、アフターケアまでしっかり考慮している歯科医院を選ぶこともとても重要なポイントです。

当院はなぜAQBインプラントなのか

ひと口に「インプラント治療」といっても、実はたくさんの種類があります。海外のインプラントメーカーは「ブローネマルク」「ノーベル・リプレイス」「ストローマン」など、日本では「AQBインプラント」「POIインプラント」「GCインプラント」などが挙げられますが、そのなかでも「AQBインプラント」は1ピースであれば手術が1回で済み、噛めるまでに1〜2ヶ月程度(症例により異なります)と期間が短いのが特長。患者さんの身体への負担軽減にもつながると考え、当院ではAQBインプラントを導入しています。

インプラントのデメリット

審美的に優れているインプラント治療ですが、当然デメリットもあります。当院があくまでも「インプラントは治療方法の選択肢のひとつ」としているのは、この点を軽視していないからです。ぜひご一読ください。

手術が必要

抜けた歯の部分にチタン製の人工歯根(しこん)を顎(あご)の骨に埋め込む際、必ず外科的手術が必要となります。 インプラント治療の手術には、1回法と2回法があります。一番の大きな違いは、1回法が人工歯根とその上につけるアパットメントを同時に着けてしまうのに対して、2回法はアパットメントを後から取り付ける方法です。当院が取り入れている「AQBインプラント」は1回法ですので、患者さんの身体への負担を軽減します。とはいえ、入れ歯やブリッジなどの他の治療法に比べて期間が長めになります。

手術が可能な身体状況であること

外科的手術をするため、感染やその他合併症にも注意を払わなければいけません。

  • 免疫性が低下しているなどの全身的な疾患がある場合
  • 重度の歯周病で骨が溶けていたり、歯ぐきが下がったりしている場合
  • 骨粗しょう症の疑いがある場合
  • 抗生物質に対して異常反応を見せる場合

このような場合はインプラント治療を回避せざるを得ないこともあります。もちろん事前に精密検査を行うため、手術できるかどうかを見極めることは可能です。患者さんが喫煙者である場合、ある程度のコントロールを求められることもあります。

費用の問題

インプラント治療によって造られた歯は、患者さん自身の歯の隣にあっても自然になじむ見た目もさることながら、噛み合わせの微調整をはじめとした非常に高い技術を要求されます。その上、保険適応外のため全額自己負担です。また、手術の難易度、治療本数等により費用も前後しますが、他の治療法よりもはるかに高額なのが特徴です。なかには手ごろな値段で宣伝しているものもありますが、コストやリスクを考えると自然に適正な価格帯が理解できるようになるため、ここでも慎重な選択が必要です。

定期的なアフターケア

治療が完了しても、メンテナンスは定期的に必要です。最初は頻度を上げて通院しなければなりません。また、口腔環境を維持するには、通院に加えてある程度の自己管理も要求されます。衛生状態が悪いと歯周病菌が繁殖し、インプラント周囲炎にかかるおそれもあります。