歯間ブラシの上手な使い方

歯間ブラシとデンタルフロスとの使い分け方

歯ブラシで磨いただけでは、歯と歯の間に磨き残しがあることもあり、食べかすやプラークが残ったままになってしまいます。そこで活用してもらいたいのが、歯間ブラシとデンタルフロス。では、この二つはどのように使い分ければよいのでしょうか。広い歯間部を効率的にきれいにすることができるのが、歯間ブラシ、歯と歯の間隔が狭いところや歯並びが悪い箇所を磨くのに適しているのがデンタルフロスになります。歯間ブラシは歯が抜けたままになっているところやブリッジの下、矯正装置の周りを磨くのにも適しています。

歯間ブラシの種類と正しい使い方

歯間ブラシにはハンドルの形状がストレート型(I型)のものとL字型の2種類あります。ストレート型(I型)は前歯を磨くのに便利で、L字型は奥歯を磨くのに適しています。できれば、磨く場所によって使い分けるのが望ましいです。磨く部分がゴムタイプのものとワイヤータイプのものがありますが、初心者の人はやわらかいゴムタイプがおすすめです。

<使い方>

  1. 歯間ブラシはゆっくりと斜めに挿入します。(歯肉を傷つけないため)
  2. 斜めのブラシを水平にし、歯の側面に沿わせて2~3回往復させて磨きます。
  3. 外側だけでなく、内側からも磨くと効果的です。
  4. 隣り合う歯の斜め部分も歯間ブラシを軽く当て磨きましょう。
  5. 口をゆすぎます。

※必ず鏡を見ながら使うようにしましょう。

歯間ブラシを使い終わったら、流水でブラシ部分を洗い流し、乾燥させましょう。ブラシの毛やワイヤーが曲がるなどした場合は取り替えるようにします。
また、歯間ブラシが入りにくいところに無理に入れると、歯や歯茎が磨り減ることもあるので注意しましょう。歯茎に炎症がある時などは、歯間ブラシの使い始めに出血することもあります。出血が続くようであれば、使用を控え歯科医に相談しましよう。

<まとめ>

毎日の歯磨きに歯間ブラシを取り入れて、健康な口内環境を保ちましょう。


●当サイト内ページリンク

デンタルフロスの上手な使い方

歯ブラシだけでは、歯と歯の間をキレイに磨くことができませんが、歯と歯の隙間が狭い部分の清掃に適している「デンタルフロス」を使用すればキレイに磨くことができます。

歯ブラシだけでは、磨き残しがある!?

歯ブラシで磨いているだけでは、磨き残しが出てきてしまうことはご存知でしょうか。歯ブラシで磨くと歯の外側は磨けますが、歯と歯の間を上手に磨くことができません。歯ブラシの毛先が届きにくく、プラークが※61%しか取り除けなかったというデータもあります。歯と歯の間をキレイにするために、ぜひ使ってもらいたいのが「デンタルフロス」です。
デンタルフロスはフィラメントという細い繊維を束ねて糸状にしたもので、歯と歯との間に通して歯垢をかき出します。歯垢は虫歯や歯周病の原因になりますから、口内の健康に役立つのはもちろん、歯垢をしっかりと除去することで口臭を予防することもできます。また、デンタルフロスを使っていて、同じ場所で引っかかる、フロスが切れてしまう場合は、虫歯ができていたり、詰め物やかぶせ物が取れかかっている可能性もあります。このような不具合を早期発見できることもデンタルフロスのメリットです。

正しい使い方を知ろう

デンタルフロスには「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」があります。ホルダータイプは初心者向き、ロールタイプは慣れた方向きで経済的となっています。

ホルダータイプの使い方

  1. ゆっくりと横に動かしながら、歯と歯の間に入れます
  2. 中に入ったら、上下に動かして歯の両側面を磨きます
  3. ゆっくりと横に動かしながら、取り出します

ロールタイプの使い方

  1. 1回分のフロス、約40cm(指から肘までの長さ)を切ります
  2. 左右の中指にフロスを2~3回巻きつけます
  3. 指と指の間を1~2cmにします
  4. ゆっくりと横に動かしながら、歯と歯の間に入れます
  5. 中に入ったら、上下に動かして歯の両側面を磨きます
  6. ゆっくりと横に動かしながら、取り出します

<まとめ>

1日1回デンタルフロスを取り入れて、歯と歯の間の歯垢もキレイに取り除きましょう。


●当サイト内ページリンク

初期虫歯を修復する「歯の再石灰化」

虫歯予防に大きく役立つ「歯の再石灰化」のメカニズムや促進方法をご紹介します。

初期虫歯と再石灰化の関係

虫歯は口の中のミュータンス菌が作る酸によって歯のカルシウムを溶かし、穴をあける病気ですが、いきなり歯に穴が開くわけではありません。歯に穴が開く少し手前を「初期虫歯」と呼び、口の中が酸性になり、歯が溶ける「脱灰」という現象が起こります。この段階であれば“再石灰化”によって虫歯を治すことができます。
再石灰化とは、脱灰で溶かされた歯の表面を、唾液に含まれているリンやカルシウムがエナメル質の結晶を新しく形成し、歯の表面に戻してくれる現象です。私たちの口の中では、脱灰と再石灰化が繰り返し行われていて、酸性の時間が長いと再石灰化が間に合わず、歯に穴が開く虫歯に進行していきます。

再石灰化を促すために気をつけること

再石灰化がきちんと行われていれば、虫歯が進行することもありません。それでは、再石灰化に大切なことは何でしょうか。次に再石灰化を促すためのポイントをいくつかご紹介します。

  • 歯ごたえのある物を食べる
    食べ物を噛むことで唾液の分泌が促進されるので、歯ごたえのある物を食べると、再石灰化にも有効です。
  • 食後にキシリトールガムを噛む
    食後にキシリトールガムやシュガーレスガムを噛むと唾液の分泌を促進します。
  • フッ素を利用する
    フッ素はエナメル質を強くし、細菌の活動を抑え、再石灰化を促進させる働きがあります。フッ素が入った歯磨き粉やうがい薬を使って、虫歯予防に役立てましょう。
  • ダラダラ食べや間食を控える
    食後の口の中は酸性で、30分ほどは脱灰が盛んに行われています。ダラダラ食べていると脱灰が長時間続くことになり、頻繁に間食をしても脱灰が起こりやすくなるので、ダラダラ食べや間食を控えましょう。

<まとめ>

歯の再石灰化が上手く行われていれば、深刻な虫歯になることもありません。再石灰化を意識して、虫歯予防を行いましょう。


●当サイト内ページリンク

正しい歯ブラシ選び~高齢者編~

加齢とともに体は様々な変化をしていきますが、口の中も例外ではありません。虫歯や歯周病が多くなる、治療後や入れ歯が多くなるなど、加齢によって様々な変化が起こります。また、高齢者は握力が低下するなど、体の機能面の変化もあるので、高齢者に合った歯ブラシ選びが必要です。

シニアが自身で使う歯ブラシの選び方

まず高齢者ご自身が使う歯ブラシ選びのポイントを紹介します。

  1. 毛の硬さは「ソフト」
    高齢者はエナメル質の減少によって歯が傷つきやすくなっています。毛の硬さはなるべく柔らかなソフトタイプを選びましょう。
  2. ヘッドは「コンパクト」
    高齢者は開口が小さくなる傾向があるので、口の中に入りやすいコンパクトサイズのヘッドを選びます。
  3. ハンドルは「ストレート」
    ストレートなハンドルの方が持ちやすく、磨きたい箇所にダイレクトに毛先が届きます。また、握力が落ちている場合は太めのハンドルを選ぶようにします。

歯の間、ブリッジを入れている人は歯間ブラシ、糸ようじ、フロスなどで清掃します。

●入れ歯の洗浄について

入れ歯を使用している人は入れ歯を清掃して、口腔内を清潔にしましょう。入れ歯は凹凸があり、汚れやぬめりが残りやすいので、普通の歯ブラシではなく、義歯専用ブラシを使用します。また通常の歯磨き粉には研磨剤が入っているため、入れ歯に傷がつき、そこから細菌が繁殖する可能性もあるので、歯磨き粉も義歯用洗浄剤を使用して清掃を行いましょう。

介護用歯ブラシの選び方

要介護者は唾液の分泌が低下している人も多く、口腔内の細菌を排除されにくい状況にあります。また、手先を若い人のように細かく動かすことができないと、普通の歯ブラシでは磨きにくいので、360度前面にブラシがついている「360度ブラシ」や比較的簡単に汚れを落とすことができる「スポンジブラシ」などがあります。

<まとめ>

歯や口腔環境を健やかに保つことは、歯だけでなく、心身の健康にも深く関わっています。高齢になっても元気で過ごせるように、正しい歯ブラシ選びをして口腔ケアをしましょう。


●当サイト内ページリンク

正しい歯ブラシ選び~大人編~

正しい歯ブラシ選び~大人編~

多種多様な歯ブラシの中から、自分に合った歯ブラシを選ぶポイントを紹介します。

ヘッドのサイズとハンドルの選び方

まず歯ブラシのヘッドサイズを選び方です。一般的に上前歯2本分のヘッドの大きさが目安となりますが、さらにみがき方に合わせてサイズを調整するのが好ましいです。「奥歯をしっかりとみがきたい人」、「1本ずつ丁寧にみがきたい人」は小さめのヘッドの歯ブラシを選びます。いわゆる、“コンパクトヘッド”、“超コンパクトヘッド”と表記されているものです。「細かくみがかなくてもよい人」は“ふつうサイズ”のヘッドを選ぶとよいでしょう。
次にハンドル(柄)の形の選び方です。高齢者など手に力が入らない、しっかりと握れないという人は、握りやすい太めのハンドルが適しています。反対に手に力が入りすぎて、強くみがいてしまう人は、真っすぐで細めのハンドルが合っています。

自分に合った「硬さ」の選び方

歯ブラシを選ぶ時、重要なポイントとなる「硬さ」。大きく「かため」、「ふつう」、「やわらかめ」の3タイプに分けられます。

「かため」の特徴
歯垢が落としやすい反面、歯茎を傷つけてしまうこともあります。歯茎に当たると痛いので、歯茎付近を避け、歯と歯茎の境目にみがき残しが生じる場合もあります。かための歯ブラシを使用する場合は、歯茎付近をみがく時にやわらかい歯ブラシに替えてみがくとよいでしょう。
「ふつう」の特徴
歯と歯茎が健康な人、歯茎が下がっていない人は「ふつう」でも大丈夫ですが、歯茎が腫れている場合などは、避けた方がよいでしょう。
「やわらかめ」の特徴
歯茎に当たっても痛くないので、歯茎と歯の境目を磨くのに適しています。虫歯予防はもちろんのこと、歯肉炎や歯周病予防にも効果があります。歯茎に腫れや痛みがある場合はよりソフトなものを選ぶとよいでしょう。時間をかけて歯をみがく人も、やわらかめがおすすめです。

まとめ

正しい歯ブラシ選びをして、効果的に歯みがきをし、虫歯予防をしましょう。


●当サイト内ページリンク