だらだら食べや糖分を含む食べ物は虫歯に悪影響

虫歯と食生活は切っても切れない関係です。甘い食べ物は虫歯を誘発するとされていますが、どうしてなのでしょうか。

虫歯のメカニズムと食べ物の関係

そもそも虫歯とは酸によって歯が溶ける病気です。口の中にはたくさんの菌がいますが、その中で虫歯の一番の原因となっているのが“ミュータンス菌”です。ミュータンス菌は食べ物の糖分によって活発に活動し、歯垢(プラーク)を形成します。歯垢をそのまま放置すると、ミュータンス菌を中心とする菌が酸を発生させ、その酸が歯を溶かすのです。
虫歯は「歯の質」、「歯垢(細菌)」、「糖分」この条件が揃い、その条件を満たす時間が長いほど発生しやすいと考えられています。甘いお菓子はもちろんですが、お米や他の食べ物にも糖分は含まれています。『ついつい間食をしてしまう』、『だらだらと食べてしまう』という習慣がある人は、口の中に糖がある状態を作り出してしまうので、虫歯にはよくありません。

口の中に糖分が長居する甘い食べ物は要注意

甘い食べ物はもちろん、歯の健康にはよくありません。ただ虫歯予防では、食べ物の糖分の量よりも口腔内停滞性が大きな問題となります。例えば、甘いチョコレートはお子さんも大好きなおやつの一つだと思います。しかし、チョコレートにはたくさんの糖分が含まれ、なおかつ歯にくっつきやすいので虫歯になりやすくなります。また、キャラメルや飴は、長い時間口の中に砂糖を入れておくことになるので、虫歯を誘発しやすくなります。
しかし、虫歯予防のために「全く甘いものを食べない」ということも難しいでしょう。糖分は私たちの体に必要な栄養素でもあります。糖分を含む食べ物は虫歯の原因になるということを頭の隅に置きながら、食べた後はしっかりと歯磨きをするなどして虫歯予防をしましょう。

まとめ

今回は食生活と虫歯、甘い食べ物と虫歯の関係についてご紹介しました。「むやみに間食をしない」、「甘いものを食べたら歯磨きをする」など基本的な予防法を怠らず歯の健康を保ちましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

インプラントと歯周病


歯周病で歯が抜けても、インプラントがあるから大丈夫。
そんな風に思っている人はいませんか?
実は、インプラント治療において、歯周病はリスク要因の1つ。歯周病の程度によっては、そのままではインプラント治療が行えない可能性もあります。
では、どうしたらいいのでしょうか。
今回は、インプラントと歯周病についてのお話です。

インプラントとは

「インプラント治療」は、歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上からかぶせる治療方法です。事前に綿密に話し合い、術前・術後の処理やメンテナンスをしっかりと行うことで、抜群の機能性と審美性を長期間保つことができます。

治療期間は義歯やブリッジに比べてやや長めですが、残っている歯への負担が少なく、自分の歯(天然歯)に近い機能や色合いが得らるのが大きなメリットです。

歯周病のインプラント治療への影響

インプラント治療のメリット、デメリット」や「インプラントQ&A」で紹介しているように、歯周病はインプラントにとってリスク要因の1つです。

歯周病のインプラントに対する大きな影響は、2つあります。

1つは、インプラント残存率です。
歯周病を患っているかいないかで、インプラントの残存率は異なります。歯周病を患っている場合には、せっかく入れたインプラントの残存率が低くなってしまうのです。

もう1つは、インプラント周囲のトラブル発生率。
インプラント治療を行うと、「インプラント周囲炎」等のトラブルが発生する可能性があります。「インプラント周囲炎」は歯周病に類似した病気で、適切に対処しないとインプラント周囲の骨がなくなり、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまいかねません。
歯周病を患っていると、「インプラント周囲炎」の発生率が高くなり、結果的にインプラント残存率が低くなってしまいます。

まずは、歯周病の治療と適切なケアを

抜けた歯を補うものとして、インプラントはとても有益な選択肢です。しかし近年、インプラント周囲炎の患者数は増え続けていると言われています。原因の1つとして、歯周病を患っているにもかかわらず、その治療をせずにインプラント治療が進められてしまうケースの多いことが挙げられています。

歯が抜けてしまったら、以前と同じように嚙める状態に1日でも早く戻りたいですよね。しかし、歯周病を患ったままインプラントを進めることには大きなリスクがあります。せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまう率を下げるためにも、歯周病の治療をきちんと受けましょう。

終わりに

抜け落ちた歯に代わるものとして、医療技術の発展によりインプラントという素晴らしい手段を私たちは得ました。しかし、日本人が歯を失う原因の第一位は歯周病であり、インプラント治療にとって歯周病は大きなリスクであるという現実に向き合わなければなりません。

まずは歯周病にならないように、日常のお手入れや定期診査をしっかり行っていきましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

●外部リンク

歯周病と骨粗鬆症

「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という病気をご存知の方は多いと思います。
ですが、歯周病と骨粗鬆症に深い関係がある、ということをご存知の方は、さほど多くはないかもしれません。
今回は、歯周病と骨粗鬆症の関係についてのお話です。

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下して骨がもろくなり、骨折しやすくなる病気です。

骨も他の組織と同じように、新陳代謝を繰り返しています。
骨の形成と吸収が常に行われてバランスを保っていますが、このバランスが崩れて骨の吸収が形成を上回ると、骨量が減少していきます。その結果、骨がもろくなり骨折しやすい状態になるのが、骨粗鬆症です。

骨粗鬆症の歯周病への影響

骨粗鬆症は、歯周病を進行させる一因と考えられています。

「歯周病=歯茎の病気」、と思うとわかりにくいかもしれません。歯周のお手入れが行き届かないと、確かに歯茎が炎症を起こして腫れたりします。

しかし歯周病が進行すると、歯を支える土台である骨(歯槽骨)の破壊が進んで歯を支えられなくなり、最終的に歯が抜け落ちます。つまり歯周病は、骨の病気と言えるのです。

骨粗鬆症の人は、口まわりの骨量も少ない傾向があります。歯槽骨の骨量が減っていると、歯周病による歯周組織の破壊が進みやすく、そのために歯を失いやすい状態と言えます。

40代以降の女性は特に要注意

女性の骨粗鬆症発症率は、男性のおよそ3〜4倍と言われています。閉経後は特に要注意で、高齢女性の骨粗鬆症発症リスクはとても高いのが現状です。

女性ホルモンの「エストロゲン」は、骨を形成する「骨芽細胞」の働きを活発にして、骨から必要以上にカルシウムが溶け出さないように働きます。またエストロゲンには、歯周組織の炎症を抑える作用もあります。

女性はこのようにエストロゲンによって二重に骨粗鬆症から守られているのですが、40代以降エストロゲンは減少し、さらに閉経後には激減するため、骨量が急激に減少することも珍しくありません。男性も骨粗鬆症になりますが、女性は男性に比べて圧倒的に発症しやすく、より注意が必要です。

近年は、ダイエットや運動不足等で骨形成が十分にできないまま成人した人や、骨形成に必要な栄養が不足している人も増えており、若くても油断は禁物です。

終わりに

骨粗鬆症にならないよう生活習慣に気をつけることは、歯周病の進行阻止にもつながります。

  • カルシウムをしっかり摂取。目標:1日800mg!
  • ビタミンDもしっかり摂取。目標:1日5.5μg!
  • 運動と日光浴を適度に。

このようなことを習慣にして骨粗鬆症の予防、歯周病の進行予防につなげていきましょう。


【参考】
●当サイト内ページリンク

●外部リンク
厚生労働省 e-ヘルスネット

歯周病と運動

高齢者の運動

歯周病の予防や症状改善のために、適度に運動しましょう。

そう言われたら、「え、どうして?」と思いませんか?
でも適度な運動の習慣は、歯周病予防に良い影響を与えるのです。
今回は、歯周病と運動の関係について見ていきます。

歯周病と糖尿病の関わり

歯周病の二大因子の一つ、「糖尿病」。このコラムでもご紹介したことがあるように(「歯周病と糖尿病 〜健康長寿につながる歯周病の治療と予防〜」)、歯周病と糖尿病は双方向に影響し合っています。

糖尿病の症状改善に、運動習慣は欠かせません。
積極的に体を動かして糖尿病の悪化を防ぐことが、ひいては歯周病の予防や改善へとつながるのです。

適度な運動は体の抵抗力を高める

歯周病の主な原因は、歯周病の原因菌に感染することですから、免疫を高めることで発症しにくくすることが可能となります。
逆に、免疫力が低下すると、様々な細菌に感染しやすくなります。歯周病も同様です。
適度な運動の習慣は、体の免疫を高めます。
運動の習慣を身につけて、歯周病の原因となる細菌に感染しにくくなる体作りを心がけると良いでしょう。

運動は社会的・心理的ストレスを緩和する

歯周病と潜在的な影響が指摘されているのが、社会的・心理的ストレス。
通勤電車、職場、学校・・いろいろなところにストレスの元はあるものです。このストレスが原因となって、

  • 免疫力の低下
  • 歯ぎしり、食いしばり
  • 睡眠不足

といったことが起こり、歯周病の進行を早めてしまうこともあります。
運動はストレスケアに有効であり、運動習慣のある人は、運動をあまりしない人に比べてストレスに対しての対応力があることが明らかになっています。
運動によるストレス緩和も、歯周病やその進行予防に有効なのです。

まとめ

  • 糖尿病の予防や症状改善
  • 免疫力アップ
  • ストレス解消

これらに必要な運動を行うことが、ひいては歯周病の予防や改善につながるということは、おわかりいただけたでしょうか。
ただし、過剰な運動は逆に免疫力を下げてしまうので、運動の内容には注意が必要です。
また、既に何らかの病気や症状のある方は、主治医さんとご相談の上、ご自身に合った運動を行ってください。


【参考】
●当サイト内ページリンク

歯周病とタバコ(喫煙)

タバコのイメージ

歯周病には喫煙の習慣が大きく影響します。
タバコは肺や気管に悪いもの、というイメージをなんとなく持っていませんか?
でも実は、歯周病と喫煙には深い関係があるのです。

タバコは口の中でも害となる

「タバコは体に良くない」ということは、現代ならばほとんどの人が知っている事実です。しかし、タバコが歯周病にも悪影響を与えることについても知っている人は、それほど多くはないかもしれません。

歯周病には、二つの大きな危険因子があります。
1つは「糖尿病」。このコラムでもご紹介したことがあります。(「歯周病と糖尿病 〜健康長寿につながる歯周病の治療と予防〜」

もう1つが「喫煙」です。

喫煙と歯周病は密接に関連していて、歯周病にかかる危険性が、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇するという研究結果もあります。

喫煙の歯周病への影響

タバコを吸う人は、

  • 歯周病にかかりやすい
  • 歯周病の症状がひどくなりやすい
  • 歯周病を治療しても治りにくい

ということがわかっています。

タバコの何がどのように影響してそうなるのか、主な要因をいくつかご紹介します。

タバコの成分が歯周病の原因を引き寄せる

タバコには何千種類もの有害な物質が含まれており、その一部が「タール」として歯の表面に残ります。タールは普通の歯磨き程度では落としにくく、歯は常にザラザラして歯周病の原因となる歯垢、歯石が付きやすい状態となります。

タバコは免疫の機能を狂わせる

タバコが含むニコチンをはじめとした成分は、免疫の機能を低下させるので、タバコを吸うと病気に対する抵抗力が落ちます。歯周病の原因菌に対しても抵抗力が落ちます。

喫煙していると、歯周病の発症や進行に気づきにくい

タバコが含むニコチンには血管を収縮させる作用があり、歯肉の血流量が減少します。そのため、歯茎で炎症が起きていても、歯周病の症状が進行しても、喫煙の習慣があると歯肉から出血しにくくなります。また、喫煙による歯茎への色素沈着もあって、歯周病の症状が分かりにくくなります。
そのため歯周病の発症や進行の自覚が遅れ、症状をさらに進行させることになります。

歯肉がうまく作られなくなる

タバコを吸うと、傷を治そうとして組織を作る細胞の働きを抑え、歯肉の組織が作られにくくなっていきます。すると、歯周ポケットが作られやすく、またより深くなっていきます。このことが歯周病をより進行させてしまいます。
喫煙していると治療しても治りづらく、手術後の治りも悪いため、歯周病治療にあたっては禁煙が強く勧められます。

まとめ

タバコは口の中や歯に大きな影響を与えますが、禁煙して悪いことは一つもありません。
歯周病予防になるのはもちろん、既に進行した歯周病であっても治療の成果が出やすくなり、また歯の喪失が抑えられることも明らかになっています。
ぜひ卒煙して、お口の健康を取り戻しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク