歯周病とタバコ(喫煙)

タバコのイメージ

歯周病には喫煙の習慣が大きく影響します。
タバコは肺や気管に悪いもの、というイメージをなんとなく持っていませんか?
でも実は、歯周病と喫煙には深い関係があるのです。

タバコは口の中でも害となる

「タバコは体に良くない」ということは、現代ならばほとんどの人が知っている事実です。しかし、タバコが歯周病にも悪影響を与えることについても知っている人は、それほど多くはないかもしれません。

歯周病には、二つの大きな危険因子があります。
1つは「糖尿病」。このコラムでもご紹介したことがあります。(「歯周病と糖尿病 〜健康長寿につながる歯周病の治療と予防〜」

もう1つが「喫煙」です。

喫煙と歯周病は密接に関連していて、歯周病にかかる危険性が、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇するという研究結果もあります。

喫煙の歯周病への影響

タバコを吸う人は、

  • 歯周病にかかりやすい
  • 歯周病の症状がひどくなりやすい
  • 歯周病を治療しても治りにくい

ということがわかっています。

タバコの何がどのように影響してそうなるのか、主な要因をいくつかご紹介します。

タバコの成分が歯周病の原因を引き寄せる

タバコには何千種類もの有害な物質が含まれており、その一部が「タール」として歯の表面に残ります。タールは普通の歯磨き程度では落としにくく、歯は常にザラザラして歯周病の原因となる歯垢、歯石が付きやすい状態となります。

タバコは免疫の機能を狂わせる

タバコが含むニコチンをはじめとした成分は、免疫の機能を低下させるので、タバコを吸うと病気に対する抵抗力が落ちます。歯周病の原因菌に対しても抵抗力が落ちます。

喫煙していると、歯周病の発症や進行に気づきにくい

タバコが含むニコチンには血管を収縮させる作用があり、歯肉の血流量が減少します。そのため、歯茎で炎症が起きていても、歯周病の症状が進行しても、喫煙の習慣があると歯肉から出血しにくくなります。また、喫煙による歯茎への色素沈着もあって、歯周病の症状が分かりにくくなります。
そのため歯周病の発症や進行の自覚が遅れ、症状をさらに進行させることになります。

歯肉がうまく作られなくなる

タバコを吸うと、傷を治そうとして組織を作る細胞の働きを抑え、歯肉の組織が作られにくくなっていきます。すると、歯周ポケットが作られやすく、またより深くなっていきます。このことが歯周病をより進行させてしまいます。
喫煙していると治療しても治りづらく、手術後の治りも悪いため、歯周病治療にあたっては禁煙が強く勧められます。

まとめ

タバコは口の中や歯に大きな影響を与えますが、禁煙して悪いことは一つもありません。
歯周病予防になるのはもちろん、既に進行した歯周病であっても治療の成果が出やすくなり、また歯の喪失が抑えられることも明らかになっています。
ぜひ卒煙して、お口の健康を取り戻しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク

歯周病と食習慣

歯周病は生活習慣病の一つであり、毎日の生活習慣は歯周病の発症や進行に大きく影響します。
今回は、歯周病と食生活、食習慣の関係について見ていきます。

和食料理のイメージ画像

栄養バランスに配慮、糖質の多い食事や間食に注意

歯や歯茎、歯を支える骨を含めて私たちの体は毎日食べるものからできています。
また、口の中の環境も、日々食べるものの影響を大きく受けます。
だから、もしこれまで何を食べるかということにもし無関心であったなら、関心を持つことに少しずつ慣れていくといいですね。

歯周病になりにくいオススメの食生活

  • 以下のものが多め
    野菜、特に緑黄色野菜、小魚、海藻、大豆、ゴマ、たんぱく質
  • 主食は、パンなら全粒粉、ご飯なら玄米や雑穀米を適量
  • 砂糖たっぷりの甘い物(飲み物含め)やスナック菓子は少なめ
  • 血糖値を急激に上げる食べ方(食事の際真っ先に炭水化物を多量に食べる等)をしない

以前「歯周病と糖尿病 〜健康長寿につながる歯周病の治療と予防〜」で書いたように、歯周病と糖尿病は深く関係しています。糖尿病の予防/改善につながる食生活や生活習慣を心がけることにもつながります。

歯周組織の抵抗力を高める栄養素

歯周組織はコラーゲンでできています。
コラーゲン生成に必須である

  • たんぱく質
  • ビタミンC

をきちんと摂取して歯茎の健康を維持、歯周病の予防・改善しましょう。
ビタミンCは抗酸化物質なので、コラーゲンの生成だけでなく、免疫力を上げて歯周病を予防/改善するのにも役立ちます。

また、歯や歯を支える歯槽骨の維持に必要な栄養素、

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンD、K

もしっかり摂るようにしましょう。

一方、血中の「ホモシステイン」という物質の濃度を上げないようにする必要があります。ホモシステインはコラーゲンの働きを抑制し、歯周組織や骨の質を低下させてしまうからです。ホモシステインを減らすためには、

  • B6、B12
  • 葉酸

といったビタミンB群をしっかり摂るようにしましょう。

よく噛んで食べること

小さい頃から度々聞いたことがあるかもしれません。
ではなぜ、よく噛んで食べることがいいのでしょうか。歯周病という側面から考えて見ましょう。

唾液には口の中で素晴らしい役割をたくさん担っています。例えば、

  • 消化を助ける
  • 抗菌&殺菌力で口中を洗浄
  • 骨や歯の成長発達を促す
  • 口中のPHを中性化
  • 歯の再石灰化を促進

など。

よく噛むと、唾液がよく出ます。すると、これらが総合的に作用して、結果的には歯周病予防、全身の健康へとつながるのです。

なお、よく噛むことは認知能力や記憶力の向上、ストレスの緩和にもプラスに働くなど、メリットがたくさんあります。

まとめ

歯周病にならないために、または歯周病を改善するために必要なことについて、今回は食生活・食習慣という観点からご紹介しました。
いきなり全部実行するのは大変です。
長く続けられるように、少しずつ、できることから実践していきましょう。


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク

旧石器時代から!? 意外と長い歯周病の歴史(2)

歴史 イメージ画像

アウストラロピテクスやネアンデルタール人も悩まされていた歯周病。
その原因の一つとして考えられているのが「火を使うこと」と、それによる食生活の変化です。

火を使うと歯周病に?

ヒトの祖先やその仲間が火を利用するようになった時期については諸説あり、現在では約180〜80万年前のことと考えられています。火山の噴火や雷、火災から火を知り、やがてこれを利用できるようになったと推測されており、火によって危険な動物を遠ざけ、夜に明るさをもたらし、寒さをやわらげられるようになりました。

食べ物も加熱するようになりました。食べ物を煮炊きすることは、食べ物を食べやすくおいしくするだけではなく、衛生的にも大きなプラスとなりました。

しかしこのことが、歯周病の一因となったのだと考えられています。

何千年も変わらず生きてきた歯周病の原因菌

歯周病の原因は複合的です。歯垢や歯ぎしり、喫煙、ストレス、糖尿病等複数の要因が重なって歯周病が進行していきますが、火を通した柔らかい食べ物や、食物繊維の少ない食べ物を食べる食生活も実は、歯周病の原因の一つ。そう考えると、火を使っていたであろうネアンデルタール人が歯周病に悩んでいたとしても不思議はないと言えるのかもしれません。

もう少し後の時代、約1万年前から現代にかけてのホモサピエンス(人類)の歯石を採取、解析した研究があります。この研究の結果からは、現代の歯周病の原因菌と同じ細菌が、何千年も前の人たちの口の中にもいたことが明らかになりました。長い年月が過ぎ、人間の生活は食事を含めて色々なことが大きく変わったにもかかわらず、歯周病の原因菌はヒトの口の中で変わらずに生きてきたのです。

歯周病は美食の副作用?

古代エジプト文明の時代(王朝時代:紀元前3100〜332)には、歯周病は一般的と言える病気となっていたと考えられています。王や貴族などの上流階級のミイラの歯には、庶民のミイラや人骨に比べると歯周病の痕跡が多く残されており、甘いものや柔らかい食べ物、脂質の多い食べ物など贅沢な食生活が歯周病につながったと推測されています。この頃の上流階級の人々のミイラには肥満体が多いのです。糖尿病などの生活習慣病と関連していたかもしれません。

 

時代が進むにつれて、身分が高く食べ物に恵まれ美食をしていた人たちほど罹患し、症状が進行していたと考えられる歯周病。長い歴史の中で変化した食習慣が大きく影響し、今では人類史上最も感染者数の多い病気と言われるほどにまでなったのでした。


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク

旧石器時代から!? 意外と長い歯周病の歴史(1)

人類進化のイメージ画像

世界の成人の半数以上は歯周病に罹患していると言われています。また2001年のギネスブックに全世界で最も蔓延している病気として掲載されるほど広がっている歯周病。人類はいつからこの厄介な病気と付き合ってきたのでしょうか。

アウストラロピテクス‐アフリカヌスに見つかった歯周病の痕跡

私たちの祖先で歯周病の見つかった最も古い例は、「アウストラロピテクス・アフリカヌス(「アフリカ南部の猿」の意味)」であるとされています。この祖先は200万年〜300万年前に生息していたアウストラロピテクス属の一種で、南アフリカで化石が発見されました。歯周病というと現代病のように思いがちですが、少なくとも200万年以上もの古いお付き合いなのです。

ネアンデルタール人も歯周病に苦しんだ〜楊枝で歯のお手入れ〜

ネアンデルタール人(約25万〜3万年前に欧州と西アジアに住んでいた、ホモ・サピエンスとは別系統の旧人)にも、歯周病の痕跡が見つかっています。

スペイン、バレンシアのコバ・フォラダ(Cova Forada)で、5万〜15万年前のものと推定されるネアンデルタール人の頭蓋骨が発掘されました。この化石には歯が残っており、歯周病の痕跡があったというのですが、驚いたことに、楊枝で歯の手入れをしていたらしいのです。

人類の祖先が楊枝を使い始めた歴史も意外に古く、160万〜190万年前に存在した初期人類ホモ・ハビリスでも歯をつついていた痕跡は確認されているとのこと。ホモ・ハビリスよりも後に生きたこのネアンデルタール人が似たような方法で歯のお手入れをしていても不思議はないのかもしれません。

このスペインに生きたネアンデルタール人の歯周病は、骨が溶けるほどの重症の歯肉炎だったそうで、不快感や痛みは相当ひどかったことでしょう。その歯に残された、楊枝の痕跡。楊枝を歯間ブラシのように使って、痛みを和らげていた可能性があると考えられています。

ネアンデルタール人が歯周病を治療!?

スペインのエル・シドロン洞窟で暮らしていたネアンデルタール人の歯石からは、歯周病の病原菌とともに、ポプラとアオカビの一種のDNAが検出されたそうです。ポプラは鎮痛剤アスピリンの原料になるサリチル酸を含み、アオカビは抗生物質ペニシリンを生成します。そうした薬効を熟知した上で、歯周病等の治療のためにそれらを摂取していた可能性と考えられており、これは楊枝を使っていた以上の驚きではないでしょうか。


【参考】

●当サイト内ページリンク

●外部リンク

高齢になると虫歯が増える?知っておきたい高齢期のお口の事情

老夫婦イメージ画像

虫歯は子供がなるもの、とどこかで思っていませんか?
実は高齢になると、子供とは異なる理由で虫歯になりやすくなってしまうこともあるんです。
高齢ならではの虫歯の傾向・特徴とその対策を知って、歯を長持ちさせましょう。

高齢になると虫歯が増える?

高齢期の虫歯の大きな要因として、

  1. エナメル質の減退
  2. 根面の露出
  3. 唾液の減少

の3つがあります。
では、なぜそのような状態になるのでしょうか。

1.エナメル質の減退

健康な歯は通常、硬いエナメル質に覆われています。しかし年齢を重ねるにつれてエナメル質は減り、虫歯になりやすくなっていきます。エナメル質が減る理由としては、脱灰や歯ぎしり等があります。

2.根面の露出

加齢に伴って歯周病になりやすくなります。歯周病が進むと歯茎が下がり、本来歯茎に隠れている歯の根元の部分が露出してしまいます。間違った歯磨き方法で歯茎が下がることもあります。歯の根は酸に弱く虫歯になりやすい箇所です。

3.唾液の減少

病気や薬の副作用、噛む力の衰え、自律神経のアンバランス等、加齢に伴って唾液が出にくくなります。唾液の分泌が減ると、口の中の洗浄力が落ちてしまい、虫歯になります。

高齢期の虫歯、予防するには?

1.フッ化物(フッ素)を利用

歯のエナメル質を突破した虫歯は一気に進行します。エナメル質をできるだけ丈夫に保つには、フッ化物(フッ素)の利用がおすすめです。フッ素にはプラーク(歯垢)細菌の酸産生を抑制する働きもあり、根面の虫歯予防にも有効です。
フッ素入りのジェル・歯磨き剤や・洗口液等を日常の口腔ケアに取り入れましょう。

2.唾液の分泌量を増やす

唾液の分泌量を増やしすには、いくつか方法があります。以下のようなことを習慣にして、唾液を出やすくしましょう。

  • よく噛んで食べる
  • 口や舌を動かす、ガムを噛む
  • 唾液腺マッサージ
  • 副交感神経を優位に

3.歯科クリニックで定期検診、クリーニング

エナメル質を突破した虫歯は一気に進行するので、虫歯の予防と早期治療がとても大切。定期的に歯医者さんで歯科検診を受けて口の中の状態をチェックし、必要に応じてクリーニングをしてもらいましょう。定期的なケアで口の中を清潔な状態に保つことができますし、もし虫歯になったとしても、早期発見・早期治療が可能となります。
定期検診、クリーニングは歯周病予防にも効果的。歯周病ケアもしっかり行って、根面の露出を最小限に抑えましょう。

まとめ:虫歯を減らして健康長寿!

歯が多く残っているなど口腔機能を維持できていることが、認知症をはじめ要介護になりやすい疾患を予防し、健康寿命を伸ばせる可能性があると考えられています。防げる虫歯は防いで健康長寿を目指しましょう!


【参考】

●当サイト内ページリンク

当クリニックはバリアフリーです。車椅子でもそのままお入りいただけます。
高齢の方でも座りやすい、新型の診療台もご用意しております。
当クリニックのバリアフリーについて

●外部リンク